1. いぬねこマガジン
  2. > 他の飼い主さんはどうしてる?愛犬のフード事情

アイコン アンケート調査:愛犬のフード事情

他の飼い主さんはどうしてる?愛犬のフード事情

犬の食事に関するアンケート

愛犬に与えるフードについて困ったことや悩んだことのある飼い主さんは多いはず! いぬねこマガジンで2015年8月に犬の飼い主さんを対象にアンケートを実施しました。選ぶ際に気を掛けているポイントから食べ物に関するお悩みまで、一体犬の飼い主さんはどんなことを気にしているのでしょうか? 普段あまり聞くことのないドッグフードにまつわるアレコレをまとめました。

回答してくれた飼い主さん達の犬の飼育状況

まずはアンケートに答えてくれた飼い主さんの犬の飼育状況をご紹介します。

Q1.ワンちゃんを何頭飼っていますか?

ワンちゃんを何頭飼っていますか?

Q2.ワンちゃんの体重を教えてください。

ワンちゃんの体重を教えてください

Q3.ワンちゃんの年齢を教えて下さい。

ワンちゃんの年齢を教えて下さい

Q4.食にまつわるワンちゃんのお悩み事は?(複数回答可)

食にまつわるワンちゃんのお悩み事

もっとも該当するお悩みのユーザーさんが多かったのが「食が細い」という回答。全体の4分の1の飼い主さんがワンちゃんの食事の量が少ないのではないか?と心配しています。食事の量が少ないと栄養が十分に足りているか気になりますよね。次に多かったのが「同じフードだとすぐに飽きる」という回答。コンディションや季節によって食が変わるというコメントもあります。次に「好き嫌いが激しい」「お腹が敏感」という回答が続きました。

Q5.ドッグフード全般のお悩みは?(複数回答可)

ドッグフード全般のお悩み事

最も多くの飼い主さんが心配しているのは「安全性」。71%の方がドッグフードの原材料にどんなものが含まれているかを気にしており、他の解答に比べて抜き出る形となりました。

また、その他の回答にはこちらのようにワンちゃんの体質・病状の問題で食べられるものが限られていたり、療養食を与えなくてはいけないという方もいました。
「1匹はphの関係で病院の指示。もう1匹は鼓腸症と言われ、どんな物が良いか解ら無い。」
「卵・大豆アレルギーがある」

Q6.主に与えているドッグフードの種類は? (複数回答)

ドッグフードの種類

ドライフードを与えている方は全体の91%と、ほとんどのご家庭でドライフードを利用しているようでした。一方、手作り派やウェットフード派も2割程度いました。そのなかには、普段は毎食手作りのものを与えているけれど、災害時などの非常や旅行などの際には既製品のドッグフードを与えたいという方もいました。

Q7.今使っているドッグフードを選んだ理由を教えて下さい。 (複数回答)

ドッグフード選びの決め手

それではどんな情報をもとに飼い主さんはドッグフード選びをしているのでしょう? アンケートの結果、参考にしている情報源は大きく3つに分けられるようでした。

犬のプロフェッショナルがオススメするドッグフード

一つ目は、「リアルなクチコミ」をもとにフード選びをしたという飼い主さんです。動物病院の獣医さん、ドッグトレーナーさん、ペットショップの店員さんなど動物飼育に関するプロの方々はお仕事柄、犬の健康に関する知識が豊富なことはもちろん、色んなフードを試した経験のある方が多いはず。そんなプロの方からのオススメでドッグフードを選んでいるという方が、全体の51%と過半数を越えました。

インターネットで情報収集する

二つ目は、インターネットでの情報収集をもとにドッグフードを選んでいる飼い主さんです。各ドッグフードメーカーのショッピングサイトはもちろん、ドッグフードのクチコミを掲載しているブログを探し、目当てのドッグフードを実際に利用している飼い主さんの感想などを読んで決めているようです。

とにかく沢山試して相性のよいものを探す!

3つ目は、実際に試してみるという方で、その他を選んだ飼い主さんの半数がこちらに当たりました。試供品を貰い、食いつきを確認してから購入している方、量の少ないパッケージで購入し色んなメーカーを試しているという方がいました。

まとめ

飼い主さんは2つのタイプに分けられるようでした。ひとつは、ワンちゃんの食事への関心度が高く日頃から注意してドッグフード選びをしているタイプです。もう一方は、食事の大切さを分かってはいるものの、何をどうしたらよいかまでは知らないというタイプです。前者の場合、消化器系の疾患やアレルギーなど食事に関して高い注意が必要なワンちゃんと暮らしている方や、ドッグショーなどの競技に出場するために日頃からトレーニングや食事に気を付けている飼い主さんがいらっしゃいました。

一方、体に優しく安全なものを愛犬に食べさせてあげたいけれど、実際どういうところ基準にしたらよいか分からないという飼い主さんも多いようでした。食事は健康を保ち楽しい毎日を過ごすために不可欠なもの。病気などの差し迫った事態にならずとも、年齢やコンディションに合わせて食事の内容を定期的に点検しておきたいものです。


■ 関連する記事 ■

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ