いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

ペットのための防災対策~備えておきたいモノ編~

防災マニュアル

日本に住んでいる限り、ヒトも犬も猫もその他の動物たちも、生命あるもの全てが、地震、火山噴火、台風、水害、雪害 etc. 自然災害と背中合わせと言えます。日本ではどこに住んでいてもそのリスクはあまり変わらないと思います。

同行避難とはどういうもの?

環境省では「ペットの災害対策」というウェブページを設けて、ペットのために日頃からできる災害対策について紹介しています。こちらでは、過去の大規模災害の経験より『同行避難』が合理的だとうたっています。同行避難とは、文字通りペットと一緒に避難所へ安全に避難をするということです。

ペットと一緒

しかし、避難した先でペットと飼い主さんが一緒に過ごせるかというと、必ずしもそうではありません。避難所では沢山の人が共同生活をします。動物アレルギーやペットの匂いの面など、動物と同じスペースで過ごすことが不快な人もいます。避難所によってはペットと飼い主さんが同じスペースで過ごせるところもありますが、ペットだけ・人間だけのスペースにそれぞれ分かれて避難するというところも多いようです。避難所によって形式が異なりますので、お住まいの地域の避難所の状況を確認する必要があります。

優先順位をつけて必要なものをまとめておこう

同行避難では、飼い主さんの分の荷物とペットための荷物、そしてペットを持ち運びます。人間一人の体力では持ち運べるものの大きさや重さに限界があるので、必要なものをリストアップしたうえで優先順位をつけて備えておきたいものです。

指さし確認

1. ワンちゃん猫ちゃんの命や健康・移動にかかわるもの

● お薬や療法食
非常時には手に入りづらくなります。必要なお薬や療養食は数にゆとりをもたせて常にストックがある状態にしておきましょう。

● フードとお水(最低5日分)
避難所でペットフードは配給されることもあるようですが、なるべく食べなれたものを与えられるよう最低5日分は家にストックがある状態にしておきましょう。

● 予備の首輪・リード・ハーネス、洗濯ネット、犬用シューズ
避難の際、また避難所での脱走防止に必要です。災害直後はペットが不安や緊張で興奮していることがあります。普段は大人しいワンちゃんでも、飼い主さんがドアを開けた瞬間に飛び出してしまうことがあります。リードをした上でキャリバックに入れるようにしましょう。また、中型犬以上のサイズの犬の場合、飼い主さん自身が持ち上げて運ぶことが難しいため、ハーネスやリードで繋いで犬自身に歩いてもらいます。建物の倒壊による瓦礫やガラスの破片などが道路に飛散している場合は、足裏保護のためにも犬用のシューズを着用することをお勧めします。

犬用シューズ

● ケージやキャリーバッグ
移動時だけでなく、避難所でハウスとして使用することもできます。広い空間の中で知らない動物や人と過ごすことは動物にとっても非常にストレスがかかります。ハウスで間仕切りを作ったり、視線が気にならない空間を作ってあげると、ペットも落ち着きやすいです。

2. 飼い主さんやペットの情報をまとめたもの

● 飼い主の連絡先
● ペットの写真
● ワクチンの接種歴、既往歴
● かかりつけの動物病院情報など

飼い主さんの非常用プロフィールシートを用意しました。2枚印刷して記入し、1枚は非常用持ち出し袋に入れ、もう1枚は折りたたんでお財布の中にいれておくと安心です。

シート

3. ペットの日用品

● ペットシーツ、猫トイレ砂、排泄物処理用具
● タオルやブラシ
● おもちゃ
● ポリ袋や新聞紙(多用途で使える)

用意をしよう

おわりに

大切な家族の一員であるペット達と離れ離れになってしまったり 悲しい思いしないように・・・
まずはモノを備えることからはじめてみませんか?


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ