​レーザー 鳥、カラス、駆除撃退器--HTPOWレーザーポインターはなぜ鳥駆除できますか?


レーザーポインター



鳥にとっては視覚は最も敏感で、特に波長532nmの緑色レーザーに耐えられない。 レーザーはこの特性を利用して、


動作の時直径152mm、波長532nmの棒のようなグリーンレーザーを放射する。このレーザーの規格は532nm/500~600mWで、


生物視覚反射の条件をまねて、HTPOW緑色レーザーが扫射してから、鳥に緑色の棒を見れて飛んでくる。それは今まで比較的


に有効な自動レーザー鳥駆除システムである。


HTPOW レーザーボインター 緑



飛行機は鳥を最も恐る。ただ1匹の重500グラムの鳥(たとえば鳩)は、速度370キロ/時の飛行機に衝突と、飛行機にとって、


ほとんど1粒の砲弾を攻撃するようなガンダム3トンの衝撃力も生じる。。したがって、国際航空連合会は鳥害を「A」類航空災難に定める。 
鳥はグリンの光を恐れるため、レーザトランスミッタから出る強烈な緑のビームが大きな抑止力となる。レーザー 鳥撃退器は目立つの、


視覚にとって安全の2級緑のレーザーを放射して、鳥を驚いて逃げられる。そのHTPOW緑色レーザービームの扫射範囲は3000メートルの滑走


路及び坪に達する。この往復はただ5-10分時間がかかる。この製品は空港、果樹園、農地などの場所の夜間鳥駆除の仕事に適用する。



HTPOWレーザー ライト 鳥撃退器から放出緑のビームはバナナのように太く、空港滑走路と停止位の芝生の表面に扫射する。鳥は


緑の棒を掃いてきてくると思って、すぐに逃げる。 
レーザー 鳥撃退器は鳥たちが見たことがない新兵器、さらに夜駆鳥の不足を補う。以前は人工駆除で、夜になってから、


目に見えないから、発砲なんて、役に立たない。レーザー 鳥撃退器は昼間に緑光を強いへ、夜に暗いへ調節して、駆鳥ができる。


HTPOWカラスレーザーポインター
他の駆除の方法と比べて、このHTPOWレーザーカラス駆除の方法は鳥に適応できない、そして滑走路を全天候型、自動スキャンできる。鳥の


生息地と再生の環境を永久劣化される。航空機が動きないの夜明け、夕暮れ時や夜間にレーザー 鳥撃退器が途切れないに動作


して空港の滑走路と坪を扫射続ける。時間が経つにつれて、鳥の生存、生息と採餌の生態環境を劣化され、鳥が徐々に空港に


恐怖を生成している。そのように、鳥が航空機との衝突事故を防止し、排除できる。


 新しい技術とビジョンを持って、鳥の制御担当者は、いつでも遠隔でレーザービームの走査速度、角度及びレーザーパワーを変更


することができて、鳥を防ぎようがないのいかなる適応性のチャンスを殘さない。鳥駆除の最高効果に達成するために、コンピュータを


利用して、インターネットやイーサネットで遠隔操作できる。例えば、リモート停電、空港鳥の情報をリモート監視、操作日誌をダウンロード


して機器の運行状況を分析し、いつでもスキャンパラメータを変更する。

ともだちのコメント(0 件)

 
わんにゃん写真検索
 
ページトップ