いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク「拾った子猫を保護して里親探しをする話」 

ねこ育て日誌~町蔵とわたし~ 記事一覧

ねこ育て日誌

猫アイコン  ねこ育て日誌の記事一覧



ねこ育て日誌その1

ねこ育て日誌 その1. 「ぐじゅぐじゅ子猫、資材置き場で保護しました!

某年7月末、ある火曜日のことでした。午前中、仕事に勤しむ私の耳に、フト、猫の声が聞こえてきました。なじみの「ヘディ猫」かと玄関に回りましたが、彼女の姿はなく…続きを読む

ねこ育て日誌その2

ねこ育て日誌 その2. 「子猫、とりあえず「町蔵」と命名

子猫にフードを与え、キャリーに入れて部屋の中央に据え(中央、ということに特に意味はありません)、戸締りして家を出、打ち合わせに向かいながら私は、とりあえず呼び名はつけなければ、と思っていました…続きを読む

ねこ育て日誌その3

ねこ育て日誌 その3. 「眠る子猫に眠れぬ私

保護したその晩、子猫の町蔵はキャリーの中でコトリと眠りにつきました。が。 熟睡もつかの間、「みゅー、みゅー」という声にはっと目覚めてキャリーを見ると…続きを読む

ねこ育て日誌その4

ねこ育て日誌 その4. 「子猫のトイレトレーニング

子猫の町蔵を保護して一夜明けた早朝6時前。泥のような眠りに落ち込んでいた私の耳に「みゅー、みゅー」と鳴く声が聞こえてきました。何とか目を開けようともがく私を、いきなりはっきりと覚醒させたのは、鼻孔をかすめるかすかな異臭でした…続きを読む

ねこ育て日誌その5

ねこ育て日誌 その5. 「母猫代わりに毛づくろい代わり

室内をちょこちょこと歩き回る子猫町蔵を横目で見守りつつ、仕事に取り掛かるも、集中力を消耗するばかりでちっともはかどりません!仕事を諦め町蔵のお手入れをはじめます…続きを読む

ねこ育て日誌その6

ねこ育て日誌 その6. 「人は寝食を忘れ、子猫は寝食を覚える

子猫を保護して3日目、明るく晴れ渡る夏の朝。前夜も、この声で2時間ごとに起こされ、食べさせ、ひとしきり遊んで町蔵がくたびれて眠ってから自分も眠る、ということを繰り返したので、殆ど眠った気がしません。自分の…続きを読む

ねこ育て日誌その7

ねこ育て日誌 その7. 「保護主の手は、子猫の「兄弟猫」

カラスにおびえていた子猫を保護して4日目。「壊れそう」と思ったのがウソのような回復ぶりです。動くものがあったりすると、すぐに反応してじゃれ始める町蔵を自分の手で遊んでみる蔦谷Kさんですが…続きを読む

ねこ育て日誌その8

ねこ育て日誌 その8. 「「猫以前」から「いかにも猫」へ

数日間でずいぶん元気になった町蔵。町蔵の様子を観察していた蔦谷Kさんは、町蔵の猫らしい行動を発見していきます。成長していく町蔵の様子にほっこりするお話です…続きを読む

ねこ育て日誌その9

ねこ育て日誌 その9. 「子猫の町蔵、乳幼「猫」健診を受ける

保護してすぐ町蔵を連れていったM動物病院へ、その後の経過を見せにいくことにしました。すっかり元気になって、食欲もあり動きも活発なので…続きを読む

ねこ育て日誌その10

ねこ育て日誌 その10. 「子猫の保護者、夏風邪をひきこむ

子猫の町蔵を保護してちょうど1週間。ますます元気になり遊び盛りの子猫の一方、保護主にはなにやら異変が…続きを読む

ねこ育て日誌その11

ねこ育て日誌 その11. 「子猫の町蔵、元気にあばれ盛り!

町蔵は今まさにやんちゃ盛り。あばれ放題のあばれ者です…続きを読む

ねこ育て日誌その12

ねこ育て日誌 その12. 「子猫の貰い手探し、本格稼動開始!

町蔵も、すっかり元気になったし、面白く、かわいい盛りです。そろそろ次のことを考えねば、と私は思い始めていました。次のこと、それは町蔵の貰い手探しです。…続きを読む

ねこ育て日誌その13

ねこ育て日誌 その13. 「子猫を連れて、お盆に帰省してみれば(前編)

町蔵を保護した当初は、今年の帰省はどうしようかなーと思っていたものの、めきめき元気になった町蔵は、移動で弱らないだろうと判断し、連れて帰省することにしたのです。…続きを読む

ねこ育て日誌その14

ねこ育て日誌 その14. 「子猫を連れて、お盆に帰省してみれば(後編)

猫好きばかりの家なのに、なぜ町蔵を飼うことができないのでしょうか?それには町像に幸せになって欲しいからこその理由がありました…続きを読む

ねこ育て日誌その15

ねこ育て日誌 その15. 「子猫町蔵に、初めての貰い手さん候補あらわる

自前のブログとメルマガで町蔵の「貰い手さん募集」をしていたのでしたが、初の問い合わせメールが来たのです! それは町蔵を保護して21日目のことでした。続きを読む

ねこ育て日誌その16

ねこ育て日誌 その16. 「体重も知恵も増え、いよいよ自我の目覚め?

町蔵はよく食べ、よく遊び、よく眠ります。体重も増え、保護したときの280グラムの2.7倍。このところ、朝見たときよりも晩のほうが大きくなっている気すらするほど、順調に成長しています。続きを読む

ねこ育て日誌その17

ねこ育て日誌 その17. 「貰い手募集のため、子猫のコンポジットを作る

これまではもっぱら自前のブログやメールマガジンというウェブ上での募集でしたが、そろそろ身近でも募集を始めようと思いました。そのためには、ポスターやチラシという広報ツールを作らねばなりません。続きを読む

ねこ育て日誌その18

ねこ育て日誌 その18. 「子猫の町蔵、野菜のように、すくすく成長する

私もごく普通に仕事に出かけ、変わらぬ日常生活を送っていました。と、書きましたが、いえ、それはやはり間違いで、「変わらぬ」ではなく、確実に「もっと楽しく」なっていました。生活に子猫が加わって、楽しくならない人間なんて、いるのでしょうか?続きを読む

ねこ育て日誌その19

ねこ育て日誌 その19. 「貰い手さん候補、子猫の受け入れを真剣に考える

子猫の町蔵が日々すくすくと成長するのを眺めつつ、その間、貰い手さん探しは続いていました。コンポジットを作り、ブログでアピールするものの、なかなか「うちで貰います!」という方は現れません。一方、町蔵についてお問い合わせして下さったY岡さんからは、引き続きメールを頂いていました続きを読む

ねこ育て日誌その20

ねこ育て日誌 その20. 「貰い手さん候補、ご家族を一生懸命説得する

町蔵について問い合わせて下さったY岡さんと、頻繁にメールのやり取りを行っていました。Y岡さん自身は町蔵を飼いたいのですが、ご家族のOKが出ないので説得を試み、その状況を報告してくださるのでした。続きを読む

ねこ育て日誌その21

ねこ育て日誌 その21. 「子猫の貰い手さん、ついに決定に至る!

子猫町蔵を保護して、明日でちょうど4週間という日の午後、その吉報はとどきました。神奈川県在住のY岡さんからのもので、この数年間でもらった中で、一番うれしいメールでした。続きを読む

ねこ育て日誌その22・最終回

ねこ育て日誌 その22・最終回 「貰われていく子猫の町蔵、ずーっと元気でな!

ぐじゅぐじゅだった子猫の町蔵を保護して1か月と5日。「ああ、こうやって起こされるのも今日が最後」と思いつつ、起き出して町蔵に猫フードを与えます。いよいよ今日、町蔵を新しい飼い主さんのY岡家に送り届けるのです。続きを読む

ねこ育て日誌番外編・その1

ねこ育て日誌番外編・その1 「文豪まちぞうの私生活

ねこ育て日誌のスピンオフコラム。町蔵との暮らしから作った物語「文豪まちぞうの私生活」をご披露いたします。続きを読む

ねこ育て日誌番外編・その2

ねこ育て日誌番外編・その2 「町蔵の色違い子猫、チャタロウ登場!

ねこ育て日誌のスピンオフコラム。うちで仕事している私の耳に、窓の外からかすかな鳴き声が聞こえてきました。私は一瞬「ん?」と耳をそばだてましたが、「いや気のせいだ」と思い直し、仕事に集中しようとしました。しかし、しばらくするとまた、先ほどの声が聞こえてきました。続きを読む


蔦谷K

蔦谷K
http://nekokematsuri.blog.shinobi.jp/

生まれたときから身近に居た「猫」をテーマとして、エッセイ、豆本、ハンドクラフト、写真などを製作・発表。
猫をブラッシングして集めた毛が材料のクラフト「猫毛フェルト」を考案し、作り方を紹介した『猫毛フェルトの本』を2009年に出版。同書は好評を博し、台湾、アメリカでも翻訳出版される。その後「猫毛フェルター」として、各地で作品展『猫毛祭り』やワークショップ、猫毛フェルト指人形劇公演などを延べ50回以上開催。
著書に『猫毛愛』(幻冬舎)『猫毛フェルトの本』『もっと猫毛フェルトの本』(以上飛鳥新社)『猫毛フェルト12カ月』(三才ブックス)など。東京都出身。


肉球 「想い出トーク」バックナンバー

メルマガ登録バナー

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ