いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

老犬の夜鳴き・・・もしかして痴呆症?犬の認知症の症状について

犬

長く生活を共にしてきた愛犬が急に夜鳴きを始めたら・・・もしかしたら認知症を発症しているかもしれません。食事内容や飼育環境、医療の向上などによって犬の寿命が延びている昨今、犬も人間と同じように認知症になるケースが増えています。

愛犬が認知症になってしまったときのために、飼い主は犬の認知症について知る必要があるでしょう。今回は犬の認知症の症状と対処法、予防方法をご紹介します。

犬の認知症とは

遠くを見る犬

老化に伴う脳細胞の活動の衰えによって認知能力、反応性、学習機能などが低下することを認知症といいます。

犬の場合、個体や犬種などによっても差がありますが、13歳ごろから認知症の症状が出やすくなります。人間のアルツハイマー病の原因でもある「βアミロイド」の沈着や、脳出血、脳梗塞などが、犬の認知症の主な原因です。

犬の認知症の初期症状としては、夜なかなか眠らず意味もなく鳴く、名前を呼んでも反応しない、意味もなくとぼとぼ歩く、普段しない場所で排泄をする、などがあります。

今までできていたことができなくなったり、逆に今までしなかったことをするようになったりした場合は、認知症の疑いがあります。早めに獣医師に相談しましょう。

認知症による夜鳴きへの対処法

さまざまな認知症の症状の中でも、夜鳴きは特に扱いに困る症状です。夜泣きが何日も続くと、飼い主もなかなか眠れません。また、近所への迷惑が気になり、肉体的にも心理的にもストレスが掛かります。

夜鳴きの症状が見られた場合は、 昼間たくさん一緒に遊んで犬を疲れさせ、夜にしっかり眠れるようにしてあげましょう。犬と遊ぶ時間を取ることが難しい方は、 動きやすい住環境を作ってあげてください。認知症になると今までは何でもなかった障害物にぶつかりやすくなるため、ケガ対策としても住環境の整備は大切です。

孤独感からくる恐怖心によって夜鳴きをしてしまうこともあります。そのような場合は、犬が安心して休めるように 犬の近くで休んだり、外で飼っている犬は玄関の中に入れてあげたりすると良いでしょう。 犬自身も、認知症によって不安を感じています。夜鳴きをしても叱らず、愛情を持って接してください。

認知症を予防する方法

1度認知症を発症してしまうと、残念ながら根本的な治療方法はありません。現在の医学では脳細胞を生き返らせる方法がないためです。しかし人間の認知症予防と同じように、普段の生活を見直すことにより、認知症の発症を抑えることはできます。

例えば、認知症の原因の1つである体の酸化を防ぐために、抗酸化作用のある食事を普段から与えてはいかがでしょうか。抗酸化作用のある食物としては、ブロッコリーやニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜や、ゴマ、リンゴなどが挙げられます。抗酸化作用のある食物を普段の食事に混ぜてあげましょう。抗酸化ドッグフードや抗酸化サプリなどを与えることもおすすめです。

また、脳に刺激を与え活性化させることも認知症の予防方法として有効です。脳に刺激を与える方法としては、いつもと散歩コースを変える、マッサージをする、遠出をして環境を変える、などがあります。

おわりに

人間や猫に比べ、犬は認知症になりやすいといわれています。そして高齢の犬は、認知症だけではなく他の病気にもかかりやすくなります。病気や体調の変化に早く気付けるよう、愛犬の様子をよく観察してください。

しかしどんなに努力をしても、愛犬が認知症なってしまう可能性はあります。家族として暮らしてきた愛犬が認知症を発症すると悲しいですが、獣医師に相談し、適切な対応を行うことである程度進行を遅らせることができるでしょう。正しく認知症を理解し、愛犬のためにベストの対応を取ることができるように努めてください。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ