いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

一眼レフカメラで犬を上手に撮影するコツをご紹介

愛犬と暮らしていると、「このかわいい姿や表情を写真に残しておきたい!」と思うシーンは多いのはないでしょうか。しかし、実際に撮影してみると、思ったほどうまく撮れずにがっかりした経験はありませんか?
ちょっとしたコツをつかめば、一眼レフカメラの初心者でも、このような失敗はぐっと少なくなります。ここでは、一眼レフで犬を上手に撮影するコツをご紹介します。

撮影の基本的なポイント

実際に撮影する前に、撮影の基本的なポイントをしっかりおさえておきましょう。これらのポイントを意識して撮影するだけでも、写真の出来栄えがかなり違ってきます。

【1】カメラをしっかり構える

シャッターを押す瞬間にカメラが動き、写真全体がぶれてしまう現象を「手ブレ」と言います。手ブレをおさえるためには、脇を締めカメラをしっかり持ちます。そして、シャッターボタンは静かに押してください。カメラにブレ防止機能が付いている場合でも、正しい姿勢で撮影することを心掛けましょう。

【2】カメラの高さを犬の目線に合わせる

カメラを構えるときは、犬の目線と同じ、もしくは目線より下の位置に構えます。犬の目線と同じ高さで撮ることにより、犬の表情がはっきりと写り、犬の気持ちやその場の雰囲気が伝わってくる写真になります。

【3】犬とのコミュニケーションをとりながら撮影する

カメラに慣れていない犬は、カメラを警戒して落ち着かなくなります。まずは、犬に話しかけながら少しずつ撮り、徐々にカメラに慣らしていきましょう。カメラ目線が欲しいときは、名前を呼んだり、おもちゃを見せたりして、犬とコミュニケーションをとりながら撮影してください。
犬に限らず、撮影には被写体とのコミュニケーションが欠かせません。犬とコミュニケーションを取ることができれば、心を通わせた飼い主にしか撮れない、素敵な写真が撮れるようになります。

より印象的な写真を撮るためのコツ

撮影の基本をおさえたら、撮り方や構図を少し変えてみましょう。これまでとはひと味違った写真になります。

【1】ズームアップで撮る

撮影したい部分をアップにして撮りましょう。全身を写す写真は、アピールポイントが散漫になり、平凡な構図になりがちです。端が多少切れても気にせず撮りたい部分をズームアップすることにより、犬の表情やかわいらしい雰囲気が強調された写真になります。

【2】背景をぼかして犬を強調する

背景をぼかすことにより被写体の犬がクローズアップされ、より印象的な写真になります。カメラの設定を絞り優先モードにして、F値を下げてみましょう。F値を下げることを「絞りを開ける」と言います。絞りを開けることによりピントが合う範囲が狭まり、背景をぼかした写真になります。

【3】犬の毛色と似たトーンのものを背景に入れる

黒い犬は白に近い色を背景にしたほうがきれいに写ると思っている方は多いのではないでしょうか。実は、黒い犬の写真を撮影する場合は、同じようなトーンの色が周りにあったほうがきれいに写ります。対照的な色が混在する場合、明るい部分の階調が白く飛んでしまったり、暗い部分の階調が黒くつぶれてしまったりするためです。濃い色の犬の写真を撮る場合は、犬の毛色と似たトーンのものを背景に入れましょう。

【4】露出を補正してみる

写真の明るさは、レンズに入る光の具合によって変わります。特に室内や夜間など光の少ない場所では、まず試し撮りをして写真の明るさを確認してください。オートで撮影した際に暗すぎると感じた場合は、カメラをマニュアルモードに切り替え、露出補正の設定で明るさを調整してみましょう。露出補正することにより、光が少ない場所でも明るい写真にすることができます。

【5】ISO感度を上げてみる

室内のような光の少ない場所では、自動的にシャッター速度が遅くなり、写真がぶれてしまうことがあります。光の少ない場所では、カメラをマニュアルモードに切り替え、ISO感度を上げてみましょう。ISO感度を上げることによりシャッタースピードが速くなり、手ブレを起こしにくくなります。反対に、ISO感度を上げすぎた場合はノイズが多くなり画質が悪くなります。ISO感度の上げすぎには注意してください。

【6】オートフォーカスの設定を変えてみる

ピントがぼけてしまう場合は、オートフォーカスのモードを変えてみましょう。
一般的にオートフォーカスのモードには、シングルAFやワンショットAFと呼ばれるモードと、コンティニュアスAFやAIサーボと呼ばれるモードの2種類があります。シングルAFやワンショットAFは、シャッターボタンを半押ししている間、カメラが自動的にピントを合わせてフォーカスを固定するモードのことです。静止した被写体の撮影に適しているモードになります。一方、コンティニュアスAFやAIサーボは、ピントの位置を固定せずにピントを合わせ続けるモードです。カメラを動かすと自動的にピントを合わせ直すため、動きのある被写体の撮影に適しています。
撮影する場面に合わせて適切なモードを選択することにより、確実にピントを合わせられるようになります。

おわりに

最近の一眼レフは、シャッターボタンを押すだけでもきれいな写真を撮ることができます。しかし、ちょっとしたコツを覚えることにより、さらに一歩進んだ写真表現ができるようになります。上手に撮影するコツを掴み、いつまでも大切にしたい愛犬の写真をたくさん撮ってあげてください。


■ 関連する記事 ■
ペットの写真撮影に適したデジタルカメラの選び方
誰でもできる癒される犬の写真の撮り方
綺麗に撮れるスマホ撮影テクニック
ペットとの生活に役立つ情報が満載!いぬねこお役立ち情報記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ