いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

子犬、成犬、老犬によって違う夜鳴きの原因と対策

”ベッドで眠る白い犬”/

犬を飼う人が最初に直面する最大の悩みは、「夜泣き」ではないでしょうか?悲しげな鳴き声は聞いているだけで可哀相で、飼い主も寝不足になり、お互いが疲れてしまいます。また、近所迷惑になっているのではと心配している飼い主の方も多いと思います。ここでは、子犬、成犬、老犬それぞれの夜鳴きについての原因と対策をご紹介します。

子犬が夜鳴きする理由と対策は

”お布団の中の犬”

飼い始めたばかりの子犬の多くは、毎晩夜鳴きを繰り返します。寂しさや不安のために鳴いている場合が多く心配はいりませんが、いつもの夜鳴きと様子が違う場合は注意してあげてください。

【理由1】寂しさ・不安による夜鳴き

突然親や兄弟と引き離され、知らない人の家に放り込まれた子犬が夜鳴きをすることは当然です。しかし、そのたびに人間が側に行ったり撫でたりした場合、子犬は、「鳴くと相手をしてもらえる」「要求するためには鳴くとよい」と学習してしまいます。そのため、なかなか夜鳴きは治まりません。また、人間を自分の世話をする者として「格下」とみなすようになり、成犬になってからのしつけが困難になります。最初は心を鬼にして、クールに対処しましょう。

【対策】
子犬が寂しさや不安を感じているのであれば、以下のような処置をして、すぐに立ち去りましょう。

1.母犬の匂いがするものを置く
2.ラジオなど音の出るものを置く
3.寝る場所(クレートやサークルなど)を布で覆って暗くしてみる

【理由2】空腹による夜鳴き

子犬は成長のために多くのエネルギーが必要です。また、人間の赤ちゃん同様、お腹が空けば夜鳴きします。

【対策】
新しい環境に慣れていない場合は、食事をあげる時間をずらしてみましょう。また、寝る直前に食事を与えた場合、エネルギーを発散したくて鳴くこともあります。食後に遊ばせてから寝かせるようにしましょう。

【理由3】トイレによる夜鳴き

子犬のうちはトイレの回数も多いものです。トイレを我慢して夜鳴きすることもあります。

【対策】
寝床の近くにトイレを置きます。また、寝る前にトイレを済ませておきましょう。

【理由4】暑さ・寒さによる夜鳴き

犬にとっての適温は、犬種にもよりますが25度程度といわれています。室温に我慢できずに夜鳴きをしているのかもしれません。

【対策】
毛布や湯たんぽ、ペット用のヒーターなどを置き室温を上げたり、寝る場所を涼しい場所に移動したり、犬が過ごしやすい環境にしましょう。

【理由5】体の不調による夜鳴き

昼間から食欲や元気がない、便の様子がいつもと違う場合、か細い声で夜鳴きする場合は、体調の不良が考えられます。

【対策】
早めに獣医に相談しましょう。また、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

成犬が夜鳴きする理由と対策は?

”緑色の毛布と犬”

成犬であっても、夜鳴きの原因は子犬とほとんど同じです。ただし甘やかされて育った成犬は、子犬よりも夜鳴きをやめさせるのが困難です。また、成犬特有の夜鳴きとしては、発情期が原因のものがあります。

【理由1】発情期による夜鳴き

雌犬は、ほぼ1年に2回発情期があります。雄に発情期はありませんが、発情中の雌が発するフェロモンに反応します。周囲にいる雌犬の発情期が過ぎるまで、夜鳴きが続く可能性があります。

【対策】
繁殖の予定がない場合は、去勢手術を行ってください。

老犬が夜鳴きする理由と対策は?

”白い毛布と犬”

10歳にならないうちに、犬は老年期を迎えます。人間と同じように身体の不調を訴えたり、認知症や痴呆が始まったりして、老犬特有の夜鳴きをするようになります。まずは身体を触り、どこにも痛がる箇所やいつもと違う箇所がないことを確認してから、夜鳴きの対策を考えましょう。

【理由1】認知症や痴呆による夜鳴き

体内時計が狂ってしまい、昼と夜が逆転して夜鳴きをする場合があります。

【対策】
昼間は散歩や日光浴をさせて、あまり昼寝をさせないようにしましょう。また、抗うつ剤や抗精神薬、抗てんかん剤などの薬で改善できる場合もあります。かかりつけの獣医に相談してください。

【理由2】ストレスによる夜鳴き

老犬の夜鳴きには、身体が思うように動かない辛さからくるストレスや不安が原因のものもあります。ストレスによる老犬の夜泣きは、寝たきりになる予兆ともいわれています。

【対策】
子犬の頃の夜泣きとは違い、やさしくスキンシップをしながら話しかけてあげることが一番です。犬に効果があるアロマやサプリメントを試してみることもおすすめです。認知症と同様、獣医に相談し薬を処方してもらいましょう。

おわりに

夜鳴きの原因はさまざまですが、まずはその原因を知ることが大切です。また、飼い主が夜泣きに不安やストレスを感じていることは、犬にも伝わります。 部屋の防音対策も同時に行い、犬も人間もリラックスして眠れる空間を作りましょう。



肉球 関連する記事

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ