いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

困った犬の吠えについて

玄関で見張っている犬

「犬が吠える」ということで悩んでいる飼い主さんは多いのではないでしょうか。玄関のドアチャイムで吠える、宅配便に吠える、小さい物音に反応して吠える・・・などなど。

どんな場面でも吠えない犬が「おりこうな犬」という風潮がありますが、犬は吠えるものであり、吠えは犬たちの伝える言葉です。ひとつひとつの吠えを大切にする必要があります。

吠えは犬からのメッセージ

隙間からのぞきこむ犬

例えば、玄関のドアチャイムに吠える、宅配便の配達スタッフさんに吠えるというのは番犬活動をしています。「誰か来たよ!大丈夫?」と教えてくれています。うちでは宅配便が届いたときは吠え方が変わり「宅配便きたよ~~!!」と教えてくれます。その吠えには「わかったよ」と言えば、それで犬たちは安心します。

家の近くに不審な人や物が近づかないか、荷物が届いたよ、などをちゃんと見てくれているのです。また、同じように家の近くに他人が近づいたときに吠えることがあります。怖がって「こっち来ないで!あっちに行って!」と言っているのです。

そんなときは「大丈夫だよ、何もないよ」と言ってそばに一緒にいるとか、家の中に入れてあげるなど怖くないように、安心させてあげるようにします。

犬の吠えは、用事を伝えてくれたり、怖い心情が分かったりと、吠える声でいろいろなことが分かる手かがりになります。

注意すべき吠え方とは

猫も鳴き続けるときは注意

しかし、宅配便の配達スタッフさんが遠くにいっても、他人が家から遠ざかってもいつまでも吠えたり、小さな物音にも反応して吠え続けたりするようであれば注意が必要です。

犬は吠えるときには体全体をつかって声を出していると思いませんか?あれにはエネルギーをつかいます。ずっと吠え続けるということはエネルギーの大量消費ということになるので、とても疲れてしまいます。生き物としては異常な行動です。

私たちも声を張り上げてずっと一人で話し続けたりはしませんよね。伝えることができたり、話しが終わればそれで話すことをやめます。びっくりしたときや怖いなと思ったときも「ギャ~ギャ~ギャ~」などと、ずっと叫び続けることはありません。ちょっとの間、声を大きくあげるだけですよね。

このように人間に置き換えてもわかることですが、犬も「吠える」ことが問題なのではなく、意味なく吠え続けることが問題なのです。

犬が吠え続けていたら、ストレスがかかりすぎているな、環境を見直したほうがいいなと思ってください。犬のSOSサインです。吠えることそのものを気にするのではなく、どんなふうに吠えるかということを気にしてみてください。


アニマルケアサービスMakani

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ