いぬねこトーク「犬も猫も自由な排せつを」

福井家の犬猫たちの排せつ事情~ヴェントゥスくんとトイレ~

一緒に笑顔になろう

福井家の猫たちのおトイレ事情

みなさんが一緒に暮らしている犬や猫はどんな風に排泄をしていますか?排泄って人間もですが、生き物すべてにとってとっても重要ですよね。

猫は、猫砂をきちんと用意してあげると上手に排泄してくれるので、そんなに大変なことはないかなと思います。しかし、猫もトイレが不衛生だったり、好みの猫砂でなかったりするとトイレでないところで排泄をするということもあります。

猫のフウ君はとても猫砂と猫トイレにこだわりがあります。サラサラの細かい砂でないとしてくれません。猫トイレも広いものがよいようで、そのこだわりにたどり着くまでに時間がかかりました。

フウ君はちょっと体が弱いので低気圧がくると少し体調が悪くなってしまうときがあります。そんなときはよくトイレでないところでおしっこをします。洗濯機の中か布団にするのであらかじめ洗濯機にタオルを敷き詰めて用意していたり、布団に防水カバーをしたりしてフウ君にストレスがないように工夫しています。

体がちょっときつくて排泄をいつもと違うところにするだけなので、そこは苦痛なく好きなところにできるのが一番だと思います。また排泄が自分の思うところにできなくて、我慢して膀胱炎などにかかるとさらにつらいことになります。排泄は自分の思う場所でのびのびとするのが健康にもいいですね。

楓君とイブちゃんはどこでもどんな猫砂でもOKなのでとても楽です。でも、どんな猫でもストレスのかかる生活を送っていたらどんなにトイレを工夫しても排泄を違うところにします。いつもと違うところで排泄したときは環境面、健康面について色々と観察して問題を取り除いてあげてください。

トイレトレーニングの弊害~ヴェントゥスくんの場合~

寝る前のトイレをしてすっきりごきげんの様子

▲寝る前のトイレをしてすっきりごきげんの様子

コン君は排泄は完全外でします。朝起きてすぐと、朝夕方の散歩のとき、夜寝る前に排泄をします。朝起きてすぐはお庭で、夜寝る前は近所の空き地まで行きます。夜寝る前は庭でしないというのがコン君のこだわりです。

本来犬は巣穴を汚さないという習性があるので、家の中ではなくお外で排泄することが負担がありません。今はお部屋のトイレで排泄をすることが日本では一般的ですが、とっても嫌だなと思う犬もたくさんいます。

自分だけでトイレに

▲お部屋からすぐにお庭に出ることができるようになったら、 > 自分だけでトイレに行くことができるようになりました。

コン君は完全に外で排泄をしていたので、一日4回ほどの排泄をすれば大丈夫です。ヴェントゥスくんはトイレトレーニングをしました。「ワンツー」の掛け声と一緒に排泄をするトレーニングをしたのです。トイレをしたらご褒美のおやつをあげました。

外出するときは外で排泄をしないように必ず出かける前に排泄をさせて出かけていました。ゲージにトイレシートを敷き詰めて、排泄するまでゲージから出さないようにしたのです。ヴェントゥスくんはおやつをもらいたいのと、外に出たいからすぐにこのルールを覚えて、おしっこを絞り出すようになりました。

ヴェントゥス君が排泄をしたいときではなく、私たちの都合で排泄をさせていたのと 排泄したあとおやつをあげていたことはのちにとてもヴェントゥスくんに悪影響をあたえました。おやつ欲しさにちょっとおしっこが溜まるとおしっこをしてみせるようになってしまいました。そして頻尿になってしまいました。

トレーニングをやめて習性を尊重して暮らし方にしたあとも、ヴェントゥスくんは頻尿と尿意が分からないことに苦しめられました。

なんとなく気持ち悪いけど、これがおしっこをしたいのかおやつを食べたいのかわからないのです。おやつを食べて外に誘ってを繰り返し、やっと排泄できるということが続きました。見ていてとてもかわいそうでした。これは私がヴェントゥスくんの排泄をコントロールしていたことで尿意と認識して排泄するということができなくなってしまったと考えられます。

ヴェントゥス君はお外トイレがスムーズにできるようになりました

▲ヴェントゥス君はお外トイレがスムーズにできるようになりました。

3年ほどたった今はやっと排泄で苦しむことはなくなりましたが、長い道のりでした。トイレトレーニングをすることで頻尿になったり、部屋が汚れたり、トイレからはみ出して怒られたりといいことはあまりありません。

それより、コン君のように生活にリズムをつくって外で排泄を自由にできるほうが、犬の体にもよいし、ストレスも与えないし、人間も実は手間がかかりません。

排泄は自由にというのはとっても大切なことなのでもう一度見直してみませんか?

福井さんの記事一覧


肉球 関連する記事


アニマルケアサービスMakani・福井Family

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。

[Fukui family]
ヴェントゥス くん(アメリカン・コッカー・スパニエル)
コン くん(柴MIX犬)
フウ くん(白茶猫)
楓 くん(白黒猫)
息吹ちゃん(グレートビ猫)

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ