いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

子犬を初めて飼うときの飼い方、育て方についてのご紹介

子犬を飼いたいけれど飼い方が分からない、飼い始めたけれどどうすれば良いか分からないという方は多いと思います。ここでは初めての子犬の飼い方や子犬の育て方をご紹介します。

初めて子犬を迎えるときは

親元から離れたばかりの子犬は不安でいっぱいです。しばらくの間は、新しい環境に慣れさせるためにそっとしておきましょう。触り過ぎたりかまい過ぎたりした場合、かえって子犬は不安になり疲れてしまいます。子犬にストレスを与えないように気をつけてください。

子犬の育て方

子犬はよく眠ります。眠っているときは邪魔をせずそのまま眠らせてください。ときどき母犬と離れた寂しさから夜泣きをしてなかなか寝つかないときもあります。そのようなときは母犬の臭いのするものや音の出るラジオなどを寝床のそばに置き、そっと立ち去りましょう。
子犬の発育を見守りながら、しっかり育てて行くための注意点を以下にまとめました。子犬を育てるときの参考にしてください。

【1】トイレのしつけ

子犬を家に迎えた日から正しい場所で排泄を行うようにしつけましょう。飲食や、寝起き、遊びまわった後などにお尻を床に近づけたり突き出したりしたときは、子犬を素早くトイレの場所まで歩かせて行き、排泄を促します。うまくできたときは子犬を撫でてほめてあげてください。

トイレに失敗しても、叩いたり大きな声を出して叱ったりせず、無視して片付けます。叱られると排泄自体を悪いことだと思い、隠れて排泄をするようになる子犬もいます。トイレの場所でできたときは盛大にほめ、失敗したときはなにもしない。これを繰り返すことにより、トイレを覚えさせます。

【2】食事

成長期の食事はとても大切です。成犬になってからの健康状態や食習慣にも影響するため、品質がよく、栄養バランスのとれたドッグフードを選びましょう。子犬の成長は早いため、たくさんの栄養が必要ですが、子犬の食欲や便の様子を観察しながら与える量を加減してください。

【3】食事のマナーとしつけ

子犬はなんでもすぐに食べたがります。ドッグフードは必ず食器に入れてください。そして、子犬を食器の前に座らせ、少しだけ待たせてから食べさせるようにしつけましょう。子犬の時期は放っておくといくらでも食べます。必要な量を食べさせた後は食器を片付けましょう。次の食事までは時間を空けるようにして、子犬がお腹を空かせてから食べさせてください。
食事のときにこのようなしつけを繰り返し行うことにより、子犬は飼い主の指示に従うことや自分の欲望をコントロールすることを覚えます。

【4】子犬とハウス

ケージやサークルなどで子犬が安心して眠れる場所(ハウス)を用意しましょう。ハウスは、飼い主が子犬から目を離すときや、犬が苦手な訪問者を迎えるときにも必要な場所です。
「入れ」「ハウス」などの呼びかけで子犬が入るようにしつけてください。また、入った後は優しく声をかけてあげましょう。子犬は安心できるスペースがあると安堵感を覚え、自然と落ち着いた性格になるようです。

【5】習慣と馴れ

子犬の頃から良い習慣をつけることが大切です。名前を呼んで子犬が飼い主のところへ来るようになったら、撫でてほめてあげてください。子犬は呼ばれているのが自分であるということを覚えるようになります。
反対に、子犬の頃に悪い習慣をつけてしまわないように注意してください。例えば、鳴いたら餌をもらえた、吠えたら散歩に連れて行ってもらえた、と思ってしまうと、子犬は無駄に鳴く(吠える)ようになります。これらの問題行動を成犬になってからやめさせることは大変です。

また、子犬が聞きなれない音を聞いたり、知らない人に会ったりしたときにびっくりしないように、飼い主さんの日常生活の音や周囲の人に普段から馴れさせておくことも大切になります。

健康管理とワクチン

子犬の体は、母犬の母乳から吸収された免疫が足りなくなると病気にかかりやすくなります。飼い始めたら、早めに動物病院へ連れて行き健康診断を受けさせましょう。お腹に寄生虫がいないことを確認する必要もあるため、当日の便を持参することをおすすめします。

また感染症を予防するためにワクチンを接種してください。子犬には複数回ワクチンを接種する必要があります。病院でワクチンの接種証明書をもらう際に、次の接種日を確認することができます。忘れずに毎回接種しましょう。 また、狂犬病予防法により、生後3カ月以上の犬は飼い主登録をする必要があります。また同じ法律により、年に1回狂犬病の予防注射を受けることも定められています。飼い主登録と狂犬病予防は必ず行ってください。

おわりに

初めて子犬を迎えたときは飼い方や育て方がわからず、どのように接しようか、しつけようかと悩んだり、トラブルに遭遇したりすることもあるかもしれません。ほめる理由と叱る理由を子犬に理解させながら、愛情を持って育てるようにしてください。


■ 関連する記事 ■
子犬のしつけはいつから?しつけ方や時期など
犬・子犬の甘噛み・噛み癖を直す方法
一人暮らしでペットを飼う時の注意点
ペットとの生活に役立つ情報が満載!いぬねこお役立ち情報記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ