いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

犬に苦手なことがあっても大丈夫(その2)

「いい犬」になるため、また苦手なことを減らして犬が過ごしやすくするために、苦手なことを克服させようとトレーニングしたり、慣らそうとしたりしていませんか? でも、苦手は克服しなくても工夫すれば問題なく過ごせるようになります。

愛犬ヴェントゥス君には苦手がたくさん

犬・猫はグレーチングが苦手です

今回は、愛犬のアメリカン・コッカー・スパニエルのヴェントゥス君のことをお話しようと思います。ヴェントゥス君には苦手なことがたくさんありました。
前回コラム・犬に苦手なことがあっても大丈夫(その1)

例えば・・・
◇道路のグレーチングが歩けない
◇ほかの犬と仲良くできない、吠える
◇人が怖くて吠える
◇車が横切るところでは車が怖くて突進してしまう
などなど・・・。苦手なことが多くてとても過ごしづらく、生きづらいだろうなと心配になりました。

そして、少しでも苦手を減らそうとトレーニングに取り組みました。その1つとして、グレーチングが歩けるようにグレーチングのところにチーズを置いて歩いてもらおうとしました。

ヴェントゥス君は食べ物が大好きだったので、食べ物を目にすれば動いてくれていたので、当然チーズを食べながらグレーチングも渡れると思っていました。しかし、ヴェントゥス君にとってグレーチングを渡るということは、大好きなチーズを食べることができないほど怖いことでした。

苦手なことはどうしたらいいのか

犬はグレーチングが苦手です

グレーチングは道路の側溝にはめてある網上のものです。考えてみると足の感触もヒヤっとして気持ち悪いだろうし、穴が開いていて怖かったのだと思います。

私は、どうすればヴェントゥス君が渡れるようになるのだろうと試行錯誤しながら、チーズより好きな鶏肉を置いてみたり、走って勢いをつけて渡ろうとしたりしましたが、渡ることはなく、その前で尻込みをしていました。

でも、冷静になってよく考えてみたら、グレーチングの上を歩けなくてもそこを迂回して別の道を通ればよかっただけのことでした。克服させようとしなくてもよかったのです。

このほかにも、ほかの犬に吠えるならば、犬の少ない時間帯や場所にお散歩に行けばいいですし、人が怖くて吠えるなら距離をとって怖くないところにいればいいのです。

そうやって、苦手なことを「苦手だから困る」とか「苦手なのはダメだ」と考えなくなってからは、工夫してあげることによってヴェントゥス君はごきげんに過ごせることがとても多くなりました。

愛犬の「苦手」は克服させようと思わず、違う方法でどうしたら負担なく過ごせるかを考えるといいですよ。

苦手があっても楽しく散歩する犬

アニマルケアサービスMakani・福井Family

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。

[Fukui family]
ヴェントゥス くん(アメリカン・コッカー・スパニエル)
コン くん(柴MIX犬)
フウ くん(白茶猫)
楓 くん(白黒猫)


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ