いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報「犬のストレスを考える」

犬のストレスに注目しよう(その5)

シリーズでお伝えしています、犬のストレスについて。犬のストレスに着目した接し方が普及すればいいなと心から思います。私たちが思っているよりずっとストレスフルな生活をしている犬たちは、私たちが「こんなことくらい」と軽く考えていることでも、すごく嫌だったり、負担になったりします。

犬のストレスについてよく考え、ストレスをかけないように日々気を付けてあげることでリラックスした穏やかな表情や姿をみることができます。少しの心がけと工夫でできることなのでぜひおすすめします。今回はシリーズの最終回として、「ついやってしまいがち」なことをお伝えします。

足ふきを工夫してみましょう

『足ふき』・・・犬がすごく苦手だけれど、ついついしてしまうことがお散歩後の「足ふき」です。犬は足先を触られるのがすごく苦手です。外を歩いたから汚れていると思って、足裏をゴシゴシとタオルで拭いたり、またその都度、足をシャワーで洗ったりしている方が多くいらっしゃいます。

犬の足は4本あるので、時間もかかるし、嫌がって足をあげたり、つかまれて拭かれようとした足を人間の手から外そうと暴れたりします。そこで「じっとして!」と無理やり押さえつけて拭いてしまうこともあります。毎回、お散歩のたびに足ふきをされるので、少しずつストレスが積み重なっていき、とうとう「足ふきなんか大嫌い!」となって唸ってしまったり、お散歩に行かなくなったりすることもあるのです。

玄関マットの上に吸水タオルを敷く

足ふきの代わりになる工夫として、お散歩に行く前に玄関のところに濡れマットを敷いておきます。お散歩から帰るとそこを通るだけで、もう肉球はきれいになるので足ふき不要です。一度、お試しください。足元が濡れるのが嫌な子もいるので、濡れマットの横にも吸水性のタオルやマットを敷いておくと水気も取れてキレイになります。

砂の上をゴロゴロ転がる犬

犬が嫌がることもしなくていいですし、ストレスも与えずに済みます。飼い主も手間がかからず、おすすめです。このように違う形でもできることがあるので、犬が嫌そうにしているのであれば「何か別の方法でできないかな?」と考えるのも楽しいものです。嫌そうなことはしないようにするのが鉄則です。

まだまだ犬のストレスについては解説することがありますので、Part2を近くお届けしたいと思います。

吸水タオルはみんなに人気

アニマルケアサービスMakani・福井Family

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。

[Fukui family]
ヴェントゥス くん(アメリカン・コッカー・スパニエル)
コン くん(柴MIX犬)
フウ くん(白茶猫)
楓 くん(白黒猫)


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ