いぬねこお役立ち情報「犬と一緒に寝ること」

犬と一緒に寝る幸せ

皆さんは犬と一緒に寝ていますか?

私は、犬と一緒に寝ることをとってもお勧めしています。私は犬と猫と一緒に暮らしていますが、寒い冬はみんなで布団に入ってぬくぬくと寝るのがすごく幸せで「冬最高~!!」と叫んでしまいます。お互いの体温が伝わってきて安心して眠れます。

フウ君を抱っこして寝ています。ヴェントゥス君がフウ君の横にいます。この日は3人で寝ました。

▲フウ君を抱っこして寝ています。ヴェントゥス君がフウ君の横にいます。この日は3人で寝ました。

犬と一緒に寝るのはいけないこと?

アメリカン・コッカースパニエルのヴェントゥス君は、小さいころからガブガブ噛みついてくる癖がありました。噛みついてくるときのヴェントゥス君は目の色が変わり、とても苦しそうに見えました。そして噛んだあとにとてもしょんぼりしているのです。噛みたくて噛んでいるわけではないのはよくわかりました。とても苦しい思いをしているのだろうと思い、どうにか噛む原因を取り除きたい一心で色々なことに取り組みました。

その中で色々な本を読んだり、調べたりして「犬と一緒に寝ると犬がわがままになり、噛み癖がひどくなる」ということを耳にして、一緒に寝ることが噛みを助長しているのなら一緒に寝てはいけないと思いました。

犬を飼う前から、犬と一緒に寝ることを楽しみにしていましたが、一緒に犬と寝ることが噛みグセに影響を及ぼしているのなら一緒に寝てはいけないと思いました。そして、一緒に寝たいと言っているヴェントゥス君を身動きのとれないクレートに入れて寝させていました。きっと心細く思っていたことでしょう・・・。

ヴェントゥス君と一緒に寝て気づいたこと

どうにか一緒に寝たいヴェントゥス君は、毎日深夜に鳴いて私を起こしていました。「トイレかもしれない」とクレートを開けてみると、ダーっとベットにダッシュして布団にもぐりこんできましたが、噛み癖がこれ以上ひどくならないように心を鬼にしてクレートにもう一度入ってもらいました。

その結果、ヴェントゥス君は夜をとても怖がるようになりました。「1人で寝たくないよ」と、不安でピーピーと鼻鳴きをするヴェントゥス君を見ながら途方に暮れて、夜に泣いていたことを覚えています。

ある時、思い切ってヴェントゥス君と一緒に寝るようにしました。その結果は私の心配とは逆。わがままになったり噛み癖がひどくなったりすることはなく、むしろ、とても落ち着き、ゆっくり眠れるようになりました。 「犬と一緒に寝ると犬がわがままになる」「一緒に寝ると噛み癖がひどくなる」というのは完全な誤解であることが分かったのです。

お父さんと一緒にヴェントゥス君が寝ています。秋口だったのでちょっと寒かった様子。タオルケットをグルグル巻きにしています。

▲お父さんと一緒にヴェントゥス君が寝ています。秋口だったのでちょっと寒かった様子。タオルケットをグルグル巻きにしています。

犬と一緒に寝る幸せ

犬は一緒に寝ると精神的に安定し、とても落ち着きます。自分の好きなところで、自由に寝るというのはというのは、私たちにとってもより良い暮らしをするために大切なことです。犬も同じです。犬と人間は種族が違い、習性が違うことはありますが、基本的に感じることや気持ちは同じです。

猫と暮らしている人が「冬に猫が布団に入ってくるから幸せ!」と言うのをよく聞きます。犬と猫はちょっと食べ物が違ったり、コミュニケーションが違ったりしますが、基本はあまり変わらないように思います。だから猫と一緒に寝ていいように、犬とも一緒に寝て何も問題ありません。

一緒に寝ると犬ととても仲良くなれます。よく知っている犬の泊まりのシッターをしたときも、お布団に一緒に寝たので前よりもずっと仲良くなれました。

ここで誤解してほしくないのは、一緒に寝ることがいいことではなく、犬が好きなところで自由に寝ることができるのが大切だということです。ヴェントゥス君はくっついて寝たい派ですが、柴MIXのコン君はベットの近くで寝たい派です。犬それぞれによっても好みがあります。また、季節によっても寝たい場所が変わります。

ヴェントゥス君は冬は股の間に寝て、夏は少しくっついて安心したら、ベットを下りて冷房が一番当たる床にバタッと寝ます。そして体が冷えたら、私の枕にあごを乗せて一緒に寝ています。私と寝たいときもあれば、お父さんと寝たいときもあります。気温が下がってとても寒いときは、私より体温が高いお父さんの布団にもぐって一緒に寝ます。そして暖まったら私の布団に移動してきます。

犬と一緒に寝ることをためらっている人は、ぜひ一緒に寝てみてください。お互いに幸せな時間を過ごすことができますよ。「おやすみ」「おはよう」「今日はちょっと寒いね」と言いながら布団で過ごしたり、起きたらかわいい寝顔がすぐそばにある幸せは格別です。

お父さんと枕を一緒に使っています。

▲お父さんと枕を一緒に使っています。


肉球 関連する記事


アニマルケアサービスMakani・福井Family

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。

[Fukui family]
ヴェントゥス くん(アメリカン・コッカー・スパニエル)
コン くん(柴MIX犬)
フウ くん(白茶猫)
楓 くん(白黒猫)

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ