いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

犬がおしりをくっつけてくるワケって?

愛犬が足にチョンと、おしりをのせてくることはありませんか?

先日、友人から「犬がおしりを足に乗せたり、体によくくっつけたりしてくるのだけれど、どういう意味があるのかな?甘えているのかな?」と聞かれました。

おしりや体の一部をくっつけてくる犬の行動の原因の多くは不安によるものです。私たちも不安なときは誰かの近くにいたり、少し寄り添ったりすると安心するものではないでしょうか?それと同じです。

しつけ本や雑誌に『咬み癖のある犬はおしりを飼い主の足の上にのせてきます。この行動が咬み行動に関連があるのでおしりをのせてきたらソッと足を外してのせないようにしましょう』とよく紹介されています。また別コラムでも紹介する予定ですが、咬みの原因の多くは不安からくるものです。

不安があるから飼い主の体の一部に触れていたい、不安が大きいから咬むのです。おしりをのせる行動は咬みの原因の一部ではなく、不安の表れなのです。

緊張でおしりを付ける犬

犬がおしりや体をくっつけてきたら、よく見てください。苦手なものはないか、怖いと思うようなものはないか、よく観察してそれを見つけたらできるだけ遠くへ行きましょう。それから「不安なんだね」と気持ちを共有しましょう。

私たちも自分の気持ちを分かってもらえると心の負担が軽くなり、安心することができます。私たちがこんなものも怖いの?と思うくらい些細なことでも犬にとっては脅威であることもあるのです。

リラックスしている犬

また、おしりや体をくっつけているときは甘えてリラックスをしていることもあります。ご機嫌でおしりをスリスリしたり、リラックスして体をもたれかかったりすることもあります。

ここで、不安なときもリラックスしたときもおしりをくっつけてくるなら、どちらかわからない?という疑問があると思います。でも、犬の様子をよく見ればわかります。

体に力が入って緊張していたり、息が荒かったり、しっぽがプルプルと揺れているときは不安や恐怖を感じているときです。逆に体に力が抜けていてダラーとしているときはリラックスしているときです。人間と一緒ですね。

犬と人は違う種族ですが、緊張したり怖いと思ったりしたら体がこわばり、リラックスしているときは緩みます。表情もよく似ているのです。不安そう、気持ちよさそう、不機嫌そうなどの犬の気持ちを想像するときは、自分に当てはめて考えると理解のきっかけになります。

おしりをつける犬と猫

アニマルケアサービスMakani

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ