いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

犬の遊びってどんなもの?

梅のにおいを楽しむ犬

犬の遊びというとどんなイメージがありますか? ディスク投げ、ボール投げ、おもちゃの引っ張りっこ遊び、追いかけっこ・・・こんなことが頭に浮かんできませんか? でも、これって人間が犬と遊ぼうと思って考えた遊びなのです。本当は犬も猫も遊びを考えることが大得意。犬自身、猫自身で様々なおもしろい遊びを考えます。

飼い主は愛犬が楽しいように、喜ぶように遊んであげようと思ってしまいますが、ちょっとそれは要注意です。

ディスク投げやボール投げはたくさん走るし、おもちゃの引っ張りっこもグイグイ力を込めて踏ん張ったりするのでとっても興奮してしまいます。犬にとって興奮することはとても心身ともに負担がかかることなので、なるべく興奮しないようにすることがとても大切です。

人間との遊びは興奮しやすく、喜ばせているつもりが実のところ負担をかけているのです。人間も興奮するとすごく疲れたり、疲れているのに寝付けなかったりと体のバランスを壊してしまいます。それと同じです。

犬が考える遊びとは

では、犬が考える遊びってどんなものがあるでしょうか?

草のにおいを嗅ぐ、空気に漂ってきたにおいを想像する、木の実を転がす、野イチゴを探す、水たまりをパシャパシャ歩く、穴を掘って鼻をつっこむ、木の枝を咥える、川の流れを観察する・・・などなど、ちょっとしたことが遊びになるのです。

遊びって大げさなことではなく、犬が「おもしろいな」「興味あるな」と思うことだと考えるとイメージしやすいと思います。人は「遊び」というとカラオケに行ったり、ボーリングに行ったり、何か特別なことをしなければ遊びにならないという感じがするかもしれませんが、犬たちの遊びは生活の中にたくさん見つけることができるものです。

私の愛犬は落ちているソフトテニスボールを草むらから見つけて、ちょっと転がすのが好きです。ボールを見つけたとき私は「お、いいね」と微笑みます。すると、愛犬はとっても嬉しそうにします。ちょっとボールを転がして、またくわえて、小さな静かな遊びですが愛犬が自分ひとりで遊んでいます。それを「いいね!」と見守ってあげるだけで一緒に遊ぶことになります。

愛犬が考え出した小さな遊びを一緒に見て楽しんでください。ひとつひとつの動きがとてもかわいらしく、そして彼らの創意工夫が見てとれ、とても楽しいのでおすすめします。


アニマルケアサービスMakani

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。


肉球 関連する記事

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ