いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

犬がドッグフードなどの餌を食べないときの原因や対処方法についてご紹介

いつも通りドッグフードをあげたのに、愛犬がご飯を食べない…。
おやつのジャーキーは食べてくれるのにドッグフードには見向きもしない…。
体調が悪そうであれば、病院に連れて行くことにより対処できます。しかし、元気な様子なのに餌を食べない犬にお困りの飼い主の方も多いのではないでしょうか。
ここでは、犬がドッグフードを食べない原因とその対処法をご紹介します。

犬がドッグフードを食べない原因は?

犬がドッグフードを食べない原因の多くは、ずばり「贅沢病」です。
ドッグフードを食べなくなる前に、ちょっと豪華な餌や人間の食べ物を与えた覚えはありませんか? また、ドッグフードを食べなくなった後、これなら食べるからと、おやつや缶詰の餌などを与え続けたりしてはいないでしょうか?
実は、このような飼い主の行動が、犬がドッグフードを食べなくなるきっかけを与えている可能性があります。

犬はとても賢い

犬はとても賢い動物です。一度おいしいものを食べるとその味を覚え、普通のドッグフードでは満足しなくなってしまいます。「この餌を食べなかったら、もっと美味しいものを出してくれるかも」と考え、ドッグフードを食べることを拒否します。 突然餌を食べなくなった愛犬に飼い主は困惑し、食べてくれる餌を探して、豪華な餌を与えるでしょう。豪華な餌を与えられた犬は「いつものご飯を食べなければおいしい餌が出てくる」と学習します。こうして、犬はドッグフードを食べずに豪華な餌を待ち続けるようになり、ドッグフードを食べなくなってしまうのです。

ドッグフードを食べてもらうには

では、犬にドッグフードを食べてもらうためには、どのようにしたらよいのでしょうか。ドッグフードを食べない犬に有効な対処法を3つご紹介します。

【1】食べなければ片づける

少々荒治療にはなりますが、一番効果的な方法が「断食作戦」です。餌を置く時間を決め、時間内に食べない場合は餌を片づけてしまいましょう。「もらえる餌はドッグフードだけ」、「食べられるのは決まった時間だけ」ということを、犬に分からせるのです。犬は2~3日食べなくても健康上の問題はありません。お腹が空けばわがままを言わずドッグフードを食べてくれます。心をぐっと鬼にして、犬との根競べに挑みましょう。

【2】餌に工夫をする

嗅覚が鋭い犬は、においを強くしたドッグフードなら食べてくれる場合があります。ドッグフードは温めることにより、においが強くなります。電子レンジやドライヤーなどで人肌程度に温めて与えてみましょう。
また、少量の鶏ガラスープでふやかしたり、細かく刻んだ野菜や鳥のささみを混ぜ込んだりすることも有効な手段です。トッピングだけ食べられてしまう場合があるため、トッピングはしっかり餌に混ぜ込みましょう。

【3】食べたらほめてあげる

食べたらほめてあげることは、飼い主にほめられることが大好きな犬には有効な手段です。ほめてもらうために、進んでドッグフードを食べるようになることがあります。少しでもドッグフードを食べたら、食べられたことをしっかりとほめてあげましょう。

おわりに

犬の健康にも影響するご飯の悩みは、早めに解決したいところですよね。いつもご飯を食べない犬になってしまった場合、本当に体調が悪くて食べられないときに、飼い主が犬の異常に気がつかない可能性もあります。犬のわがままに振り回されない強い心を持って、犬の偏食を克服していきましょう。


肉球  関連する記事

こだわりの無添加ドッグフードプラチナム
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ