いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

初めて犬を飼う人が気になる、適切な餌の量と食事の回数についてご紹介

愛犬がおいしそうにたくさん食べている姿を見ると、飼い主まで幸せな気分になるものです。そのような姿を見るとつい、おやつや餌をたくさんあげたくなってしまうのではないでしょうか。 特に初めて犬を飼う人にとっては、その可愛さもひとしおでしょう。しかし、いくら可愛いからといって、欲しがるだけおやつや餌を与えることはよくありません。犬も人間と同じく、食べ過ぎは病気の元となります。 ここでは愛犬がいつまでも元気でいられるよう、適切な餌の量と食事回数をご紹介します。

犬の習性を理解する

犬には「限界になるまで勢いよく食べ続ける」習性があります。犬が野生だった頃、食べ物にあり付けるタイミングは不定期でした。この習慣は、その頃の食べられるときに食べられるだけ食べていた名残が本能として残っているための行動です。 しかしペットとして人と暮らしている今、1日数回必ず餌を食べることができます。このような状況で毎回満腹まで食べた場合、栄養過多となり病気の原因となります。飼い主は「限界になるまで勢いよく食べ続ける」という犬の習性をよく理解し、適切に餌の量をコントロールしましょう。

適切な餌の量を知ろう

適切な餌の量は、犬の体の大きさにより異なります。1日に必要なカロリー数は一般的に以下の通りです。 ・体重5キロ前後の場合 : 350キロカロリー前後 ・体重10キロ前後の場合 : 600キロカロリー前後 ・体重20キロ前後の場合 : 1000キロカロリー前後 ・体重30キロ前後の場合 : 1400キロカロリー前後

ドッグフードにより100gあたりのカロリー数が異なるため、与える量はパッケージに記載されている給餌表をよく確認してください。犬の年齢や1日の運動量、犬種などによっても適切な量は違うため、犬の様子を見ながら与えることが大切です。 また、つい忘れがちですが、おやつも当然1日の餌に含まれます。おやつを与えた場合は餌の量を減らすなど、随時調整しましょう。

1日の食事回数と餌の種類

1日の食事回数は犬の年齢により異なります。また、ドッグフードは子犬用、成犬用、老犬用と、年齢に応じて市販されています。愛犬の成長に合わせたものを選びましょう。

1ヶ月~6ヶ月(幼犬) : 3回~5回

幼犬は、消化器官が未発達なため、少ない量を3~5回に分けて与えましょう。 乳歯が生え始めたら、離乳食として市販されているものか、子犬用のドライフードを人肌のお湯か犬用ミルクでふやかし与えます。慣れてきたら徐々にふやかす時間を短くし、生後3~4ヶ月頃までには子犬用のドライフードをそのまま食べられるようにしましょう。慣れには個体差があるため、あせらず様子を見ながら与えていくことが大切です。 また、この時期はダイエットをしたり、サイズを小さくするために餌の量を減らしたりしてはいけません。

8ヶ月~6歳(成犬) : 2回~3回

成犬になると、消化器官が発達し、運動量も増え餌の量も安定します。1日2回が目安ですが、運動量が多い場合は3回にするなど適宜調整してください。 子犬はおおよそ8ヶ月程で、体重の増加が止まるため、その頃を目処に成犬用フードに切り替えます。ただし、フードの種類を急に変えた場合、体調を崩すことがあります。最初は新しいものを1~2割混ぜて与え、便や食欲の調子に問題がなければ徐々に新しいフードの割合を増やし、1週間程時間をかけて慣らしていきましょう。

7歳~(老犬) : 2回~3回

食事回数は基本的に成犬と変える必要はありません。しかし、急激に痩せてきたり、餌を残したりするようならば、1回の量を減らして与える回数を増やすなど、様子を見ながら餌を与えていきましょう。 この年齢になると次第に運動量が減り、代謝も落ちてきます。消化がよく高たんぱく低カロリーの老犬用フードを与えることが望ましいです。成犬用フードを与える場合は、肥満を予防するため、量を少なめにするなどカロリーを調整しましょう

おわりに

満や糖尿病は、今や人間だけの病気ではありません。ペットとして飼われている多くの犬が、食べ過ぎや運動不足により病気の危機にさらされています。しかしこれらの病気は飼い主がしっかり餌の管理をすれば、患わずにすむものです。愛犬がいつまでも健康でいられるよう、飼い主としてしっかりサポートしてあげてください。


■ 関連する記事 ■

こだわりの無添加ドッグフードプラチナム
メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ