いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

犬の味覚は甘味や苦味を感じてるの?犬の舌の仕組み

おやつをもらう犬

多くの飼い主は、自分の大切な愛犬においしいごはんを食べさせてあげたい、と思うものではないでしょうか?また、犬をしつける際にはごほうびとなるおいしいおやつが有効です。最近では、ボーロやササミ、サツマイモに煮干しなど犬のおやつにもさまざまな種類があるため、愛犬が気に入ってくれるおやつに巡り合うことは大変です。「いったいどのおやつならおいしく食べてくれるんだろう?」「そもそも犬に味覚はあるのかな?」という疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。今回はそのような疑問を解消するため、犬の舌の仕組みをご紹介します。

味を感じる舌のメカニズム

ペロッと舌を出す犬

まずは、味を感じる舌のメカニズムについてご説明します。

人や犬の舌の表面組織には舌乳頭と呼ばれる小さな突起がたくさんあり、その舌乳頭には味を感じる器官である味蕾(みらい)細胞が密集しています。

味蕾は多くの味細胞が集まることによりできている器官です。それぞれの味細胞は味覚神経につながっています。味細胞に対して味を決める化学物質が働きかけることで、味覚神経から脳へシグナルが送られます。

このようなメカニズムによって、人や犬は味を感じるのです。

味を感じる「味蕾細胞」

上記でも述べた通り、人や犬には味を感じる器官・味蕾があります。人の味蕾は甘味・苦味・酸味・塩味・うま味の5つの味覚を感知することができ、約1万個も存在しています。一方、犬の味蕾ではうま味以外の4つの味覚しか感知することができず、数も人の5分の1、2,000個程度しかありません。単純に味蕾の数が少ないため、犬の味に対する感度は人に劣ります。しかし味蕾があることは確認されているため、まったく味を感じていないわけではありません。

犬が感じる味とは?

犬は、どのような味を感じているのでしょうか?味ごとにまとめてみました。

甘味

果糖やショ糖、フラノールやメチルマルトールなどに反応して甘さを感じます。4つの味覚の中で最も敏感に感知できると言われています。

苦味

キニーネなどの苦み成分に反応して苦みを感じます。

酸味

アミノ酸や無機酸などに反応して酸味を感じます。甘味と同じく、比較的敏感に感知できると言われています。

塩味

ほとんど感じません。

このように、犬は味覚に鈍感とはいえ、甘味と酸味には敏感であることがわかります。

犬にとっては食べられるかどうかが重要

犬は味覚よりも嗅覚の方が発達しています。そのため、まずは匂いで「食べられるかどうか」を判断します。味は二の次と言って良いでしょう。犬にとって、食べものはおいしいかどうかということよりも、「食べられるかどうか」が重要かもしれません。

人の唾液には消化酵素が含まれており、食べものを口に入れるとすぐに消化が始まります。また、食べものをよく噛まずに飲み込むと消化不良を起こすことがあるため、人は食べものをしっかり噛み、ある程度消化して飲み込みます。味覚が発達しているからこそ人は「味わって食べる」喜びを感じられるのかもしれません。

一方、犬の唾液には消化酵素が含まれていません。口はあくまでも食べものを胃に運ぶための器官でしかないため、人のようにゆっくりと口の中で味わって食べる必要がないと言えます。犬の味覚があまり発達しなかった理由の1つと言えるでしょう。

おわりに

犬も、人と比較するとかなり弱いものの、味を感じています。また、味覚が弱いとはいえ、甘味を最も敏感に感知できることが分かりました。甘いサツマイモや犬用クッキー、ボーロなどを好む犬がたくさんいることや、病院で苦い薬を吐き出そうとする犬がいることも納得です。

しかし塩辛いものや煮干しが大好きな犬もいるため、味の好みについては一概には定義できず、個体差があると言えるでしょう。さまざまな味のものを食べさせて、愛犬が好む味を探してみることも楽しいかもしれません。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ