いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫のよだれは病気が原因?猫のよだれについて

よだれをたらす猫

犬はよく口からよだれを垂らしているイメージがありますが、猫にはあまりよだれのイメージはありません。そのため、飼っている猫がよだれを垂らしているのを見たときに、「もしかして何か悪い病気にかかっているのでは・・・」と心配する飼い主の方もいることでしょう。

猫がよだれを垂らす原因は、病気の場合もあればそうではない場合もあります。そこで今回は、猫のよだれの原因と対策についてご紹介します。

【よだれの原因1】口内炎

ミルクを飲む猫

猫が頻繁によだれを垂らし、口臭があり餌を食べない原因は、口内炎かもしれません。とがったものを噛んだり、他の猫とケンカして口の中が傷付いたりすることにより、口内炎は発症します。しかし、他の病気が原因で発症することもあるため、注意が必要です。

高齢の猫がかかることが多い難治性口内炎は、膿に似たよだれやひどい口臭だけではなく、口の中が赤く腫れ上がり激しい痛みを伴う病気です。痛みがひどいと食事ができなくなり、衰弱することもあります。猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルスへ感染した際に、難治性口内炎が発症しやすいといわれていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

猫が口内炎になった際は、まず口の中の細菌を消毒し、悪化を防ぎます。続いてステロイドなどの抗炎症作用を持つ薬で口内炎の進行や痛みを押さえることが一般的な治療法です。口内炎が完治するまではウェットフードやスープなど、口の中への刺激が少なく飲み込みやすい食事に切り替えてあげると良いでしょう。

【よだれの原因2】口の中の異物

口の中に何かしらの異物があると、その異物を洗い流そうとして大量のよだれが出ることがあります。例えば、舌に細い糸が絡んだり、歯間にものが挟まったり、上あごなどにトゲのようなものが刺さったりしている場合です。 猫の口の中に異物がある場合は、口の周りを前足で掻くなどのしぐさをすることがあります。よだれを垂らしながら口の周りを気にしているときは、猫の口の中に異物がないかどうか確認しましょう。

異物により口の中に傷ができた場合は、傷が口内炎となることが多いため、異物を取り除いた後もよだれが出続けるかもしれません。長期間よだれが出続けている場合は、口内炎の治療のため動物病院へ連れて行くことをおすすめします。

【よだれの原因3】熱中症

猫が熱中症にかかった際も、口から大量のよだれを流します。呼吸が荒くなり、目や口の中が充血して赤くなるため、よだれの原因が熱中症である場合は、他の場合と見分けが付きやすいはずです。嘔吐や下痢、ふらつきを伴う場合もあります。熱中症の症状が進行すると、意識の混濁や失神、けいれんなどの症状が引き起こされます。ショック症状を起こすまで悪化した場合は、命に関わる事態となることもあるため注意してください。

犬に比べると猫は熱中症になりにくいといわれていますが、地球温暖化などの影響で真夏日になることも増えています。夏期は猫が暑がっている様子を見せていないかどうか注意しましょう。エアコンを付けていない車内に放置したり、キャリーケースに入れて長時間移動をしたりすることは避けてください。熱中症の疑いが強い場合は、濡れタオルで拭いて猫の体を冷やすなどの応急処置をしつつ、速やかに動物病院へ連れて行きましょう

【よだれの原因4】口腔内のがん

口の中に扁平上皮がんが発生した場合も、よだれをよく垂らすようになります。扁平上皮がんは舌や歯ぐきに潰瘍ができ、出血を伴うことが多いため、血が混じった粘り気のあるよだれであることが特徴です。

扁平上皮がんを発症した場合は、がんが発生した部分とその周辺を切除するなどの、獣医師による外科的治療が行われます。補助療法として、抗がん剤や放射線による治療が平行して行われることもあります。

高齢の猫は扁平上皮がんを発症しやすいといわれています。口の中の扁平上皮がんは副流煙が原因となることが多いため、喫煙をする飼い主の方は特に注意してください。

おわりに

猫のよだれの原因についてご紹介しました。猫が口からよだれを垂らしてしまう原因はさまざまです。場合によっては、がんや悪性の口内炎などの重大な病気が原因であることもあります。よだれを垂らしている姿を見たり、クッションやカーペットが大量のよだれで汚れていたりしたときは猫の様子をよく観察し、原因に合わせた対処をしてあげてください。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ