いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫が脱毛する原因はカビ!?猫の皮膚病について

ブラッシングされる猫

猫は、毛の生え変わり時期にブラッシングをするとたくさんの毛が抜けます。しかし、毛の生え変わり時期ではないのに、猫の毛が部分的に大量に抜けることもあるようです。その場合は、皮膚病にかかっている可能性が考えられます。そこで今回は、猫の皮膚病の原因と対処法をご紹介します。

カビが原因の皮膚病について

床掃除をする女性

カビにより発症する皮膚病は皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)と言い、白癬(はくせん)真菌症(しんきんしょう)とも呼ばれます。

毛が抜ける以外の症状としては、脱毛している箇所付近に発生するフケやかさぶたなどができることもあります。症状が発生することの多い箇所は、顔や耳、足などです。

名称の通り、皮膚糸状菌(=カビ)への感染が原因で発症しますが、皮膚に皮膚糸状菌が接触して発症するケースだけではありません。

すでに皮膚糸状菌症に感染している猫や犬、人間などと接触することにより感染するケースもあります。室内で猫を複数飼っている場合は、1頭が感染すると他の猫にも感染する可能性が高いため注意しましょう。

猫が皮膚糸状菌症にかかった場合、抗真菌薬を用いた治療を行ってください。薬剤を塗布するために全身の毛を刈る場合もあります。また、再感染防止のため、猫の身の回りのものや床、壁などを消毒することも重要です。

ノミ・ダニが原因の皮膚病について

ノミによる皮膚病の場合、脱毛以外に強いかゆみを伴う赤い発疹が発症します。症状が出やすい箇所は首や背中、お尻などです。猫の体質によっては、たった1匹のノミが寄生しただけで激しい皮膚炎が生じることもあります。

ダニが原因の皮膚病は、ダニの種類によって症状も大きく異なります。耳ダニに感染すると外耳炎となり、耳の中が赤くなり黒い耳垢が出ます。ツメダニに感染した際は、大量のフケ、湿疹やかさぶた、脱毛などの症状が出ます。

治療の際にはアレルギー症状の治療と、ノミ・ダニ退治を並行して行うことが一般的です。猫の体についたノミ・ダニを退治しても、室内に卵や幼虫が潜んでいる可能性が高いため、カーペットなどの清掃も必ず行いましょう。

食べ物・ほこりなどが原因の皮膚病について

猫が食べ物やほこりなどのアレルギー性皮膚炎にかかると、かゆみを伴うブツブツした発疹が発症します。発症しやすい箇所は、目の周りや背中などです。食物アレルギーが原因の場合は、特定の食べ物を口にした後に症状が発生します。

アレルギー性皮膚炎の場合も原因であるアレルゲンを取り除くことが重要です。しかし、猫の皮膚炎のアレルゲンを特定することは、困難だと言われています。症状に応じて抗ヒスタミン剤やステロイド剤を服用・塗布したり、食事を療養食に切り替えたりなどの治療法を試みて、症状を緩和させましょう。もちろん、ほこりやノミ・カビなどのアレルゲンとなり得るものが部屋にたまらないよう、清潔を心掛けることも大切です。

ストレスが原因の皮膚病について

猫は繊細な動物です。日常のさまざまなストレスが原因で、心因性の皮膚病にかかることもあります。猫をかわいがっていた長男が実家を出て一人暮らしを始めた、子猫を新たに飼い始めたなどの家族構成の変化や、キャットフードを違うものに切り替えたことなどが原因の場合もあります。何かしらのストレスにより自分の体を過剰にグルーミングするようになり、部分的に毛が抜けたり、毛が薄くなったりしてしまいます。

猫が心因性皮膚病にかかった場合、ストレスの元を取り除くことが一番の治療法です。毛が抜け始めた時期の前後に、猫にとって大きな環境の変化となる出来事がなかったかどうか思い返しましょう。また、日頃の様子を注意深く観察してストレスの原因を突き止めてください。

おわりに

カビなどが原因で発症する猫の皮膚病についてご紹介しました。 皮膚病の症状が進行すると、強いかゆみのために患部を掻いて出血する可能性もあります。愛猫の皮膚の状態や脱毛の程度を定期的に観察し、異常が見られた場合は動物病院へ診察を受けに行くことをおすすめします


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ