いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

嫌がる猫に薬を飲んでもらうには?錠剤・粉薬・液体薬の飲ませ方

薬と猫

飼っている猫に薬を飲ませようとしたときに、猫が暴れて結局薬を飲ませることができなかった・・・という経験をお持ちの飼い主の方も多いのではないでしょうか。猫は得体のしれないものや、体に悪い臭いだと判断したものは、本能的に口に入れません。特に苦味のある錠剤や粉薬などはとても不快に感じるため、嫌がって暴れてしまうことも多々あります。

しかし、薬を処方されている以上、何かしらの病気にかかっており治療が必要です。愛猫に暴れられたとしても、獣医師からの処方通りに薬を飲ませなくてはなりません。そこで今回は、暴れる猫に薬を飲ませるための上手な薬の飲ませ方を、薬の種類別にご紹介します。

錠剤・カプセルの上手な飲ませ方

薬と猫

猫に錠剤をそのまま飲ませる際は、できるだけ舌の付け根に近いあたりに錠剤を落とすことがポイントです。人間と同様に、猫は舌の奥の部分で苦味を感じるため、そのさらに奥に錠剤を落とすことにより、苦味を感じる前に飲み込んでもらうことができます。

舌の付け根に錠剤を落とすためには、口を大きく開けてもらわなくてはなりません。猫の上あごをしっかりと片手でつかみ、そのまま首を後ろにそらします。猫が口を開いたらもう一方の手で錠剤を入れ、喉をさすって飲み込ませましょう。錠剤を口の中に入れる際に時間を掛けたりもたついたりすると、猫が嫌がって暴れてしまうため、手早く行ってください。

舌の付け根に錠剤を落としても吐き出してしまう場合は、錠剤をカプセルに入れて飲ませましょう。薬を飲み込んだ後に猫を褒めてあげると、次回以降の投薬が楽になるかもしれません。

カプセルに入れても吐き出してしまう場合や、どうしても口の奥の方へ薬を入れることができない場合は、錠剤を砕いて粉薬状にして飲ませることも1つの手です。ただし、薬の吸収速度を保つため、砕いて飲ませてはいけない錠剤もあります。錠剤を砕いて飲ませる場合は、必ず獣医師に確認を取ってください。

粉薬の上手な飲ませ方

粉薬を猫に飲ませるときにそのまま口に入れてしまうと、咳やくしゃみなどで薬を吹き飛ばしてしまうことがあります。粉薬が飛び散ると回収は難しいため、少量の水で溶いてペースト状にすると良いでしょう。

ペースト状にした粉薬は、ウェットフードなどの食事に混ぜて簡単に与えることができます。しかし、猫が薬の臭いに気付いて薬を混ぜた部分だけ残したり、吐き出したりする可能性があります。食事の様子はしっかり観察してください。

粉薬の量が少ない場合は、ペースト状のフードに混ぜたものを口元や鼻に塗りつけて、猫が舐めとることを待つ方法も有効です。

液体薬の上手な飲ませ方

液体薬の多くは猫が好む臭いや味になっているため、錠剤や粉薬を嫌がる猫でもすんなり飲んでくれることが多いです。しかし、中には苦くて飲みにくい液体薬もあります。

猫が液体薬を飲むことを嫌がる場合は、注射器を使用することをおすすめします。量が少ない場合は、スポイトで代用しても良いでしょう。 猫の後ろから頭をつかんで固定し、上の歯と下の歯の間に注射器を差し込み、液体薬を口の中に入れます。注射器を差し込む際に、歯ぐきに当たると嫌がって暴れるため十分注意してください。

おわりに

どれほど効果が高い薬でも、猫が飲まなければ意味はありません。猫は苦味に敏感なため、薬の苦味を感じないように工夫し、手早く飲ませることが大切です。今回ご紹介した薬の飲ませ方を参考にし、上手に薬を飲ませてあげてください。

最終手段として、薬を飲ませる頻度が半年や数ヶ月に1度程度の場合は、動物病院で獣医やスタッフの方の手を借りて飲ませるという手もあります。毎日投薬が必要な場合は、薬の種類を替えてもらえないかどうか獣医の方に相談すると良いでしょう。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ