いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫のくしゃみの原因は?連続くしゃみや鼻水が治らないときの対処法

鼻水の猫

猫も人間と同じようにくしゃみをすることがありますが、中には、何度も続けてくしゃみをする猫もいます。連続くしゃみは何らかの病気のサインである可能性も考えられるため、飼い主は猫のくしゃみに注意を払いましょう。ここでは、猫のくしゃみの原因や、連続くしゃみや鼻水が治らない場合の治療・対処法についてご紹介します。

猫のくしゃみの原因

猫の鼻

ホコリや刺激物などが猫の鼻や目、口腔内に入った場合、猫はくしゃみをすることにより、ほこりや刺激物などを洗い流そうとします。なかなかほこりや刺激物が洗い流せない際に、くしゃみが連続で出ることもありますが、ほこりや刺激物などが原因の場合は、深刻に考える必要はありません。

風邪を引いた、またはアレルギーを発症した場合にも、猫はくしゃみをすることが分かっています。このケースでは、どのような風邪をひいているのか、どのようなアレルギーを発症しているのか、しっかりと調べることが大切です。猫も人間と同じような理由でくしゃみをすることがありますが、中には深刻な病気が原因のケースも存在します。例えば猫ウイルス性鼻気管炎は、くしゃみの症状が出やすい病気です。猫のくしゃみが長引いている際には、動物病院で診てもらいましょう。

猫の鼻水の原因

猫の中には、慢性的な鼻炎に悩まされる猫もいます。鼻炎は乾燥や煙、アレルギー、ウイルスなどが原因で発症し、鼻炎に罹患した猫はさらさらとした水っぽい鼻水を出します。また、症状が重くなった場合、膿のような粘ついた鼻水へと変化し、猫は息苦しそうに呼吸をするようになります。

くしゃみと同じように、ほこりなどを洗い流すために鼻水が出る場合もありますが、病気が鼻水の原因である可能性もあります。例えば、猫クラミジア感染症や猫カリシウイルス感染症、クリプトコッカス症、蓄膿症を持つ猫は、よく鼻水を流します。

上記の病気にかかった猫は鼻水だけでなく、くしゃみや咳を多くすることがあります。そのため、鼻水に加え、くしゃみや咳を頻繁にする場合には、猫が何かの病気にかかっていることを疑いましょう。

くしゃみや鼻水が治らない際の対処法

猫のくしゃみや鼻水がなかなか治らない場合、風邪や病気以外に原因があるかもしれません。ほこりだけでなく、芳香剤や煙草の煙などが原因の場合もあります。猫が普段生活を送っている場所を調べ、猫の鼻や口腔内への刺激物が無いか調べましょう。

猫が暮らしている部屋の室温や湿度も、チェックすることが大切です。室温が低すぎる部屋で猫を飼っている場合、猫のくしゃみや鼻水が出やすくなります。季節により気温は変化するため、1年を通して室内環境に注意を払うことをおすすめします。

上記の方法を試しても効果がみられなかった場合には、何らかの病気にかかっていることを疑い、できるだけ早く動物病院へ連れていきましょう。

今回ご紹介した病気の中には、予防接種を受けることにより発症率を抑えられる病気もあります。愛する猫を病気から守るために、予防接種を受けさせると良いでしょう。猫が元気なうちに予防接種を受けることをおすすめします。感染力が強く、空気感染の起こる病気も存在するため、室内で飼っている猫についても、予防接種は有効です。

おわりに

ここまで、猫のくしゃみの原因や対処法についてご紹介しました。猫は自分の体の不調を飼い主に伝えることができないため、飼い主が猫の体調の変化に気づくことが重要です。「ただのくしゃみや鼻水だから」と安易に考えず、くしゃみと鼻水がなかなか治まらない場合には原因を突き止め、原因に応じて環境を改善したり、獣医師の判断を仰いだりするなどして対処しましょう。


肉球 関連する記事

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ