いぬねこお役立ち情報「猫の耳血腫」

なんだか耳を触るのを嫌がる•••猫に耳血腫ができる原因と原因ごとに合わせた治療法

耳血腫とは

西原先生

耳血腫とは、耳の毛細血管が破れて耳介(耳の穴より外側へ張り出ている軟骨部分)に血液がたまり、耳が「ぷっくり」腫れてしまう状態を指します。耳介の軟骨が何らかの原因で骨折することで、出血を引き起こすと考えられています。

耳血腫の原因

猫の耳

耳血腫の原因には様々ありますが、そのほとんどの原因は「外傷」です。耳がかゆい、あるいは違和感がある状態だと、猫はしきりに耳をかいたり頭を激しく振る動作をします。その際、耳介軟骨に大きな負担がかかると軟骨が壊れてしまい、さらに中の毛細血管が破れてしまいます。そしてその結果として耳介の中で出血を起こします。出血は止まりづらく、どんどんと耳介の中にたまってしまい、耳血腫と呼ばれるぷっくりした耳の腫れが生じます。

耳のかゆみは主に感染(耳ヒゼンダニ、細菌、真菌など)やアレルギーによる外耳炎によって引き起こされます。いずれも耳血腫を起こす前の段階で、耳の赤味、かゆみ、においや汚れなど「外耳炎」の徴候がみられますので、これら耳の症状が認められたときは注意が必要です。

また、異物や腫瘍(がん、ポリープ)が耳血腫の原因になることもあります。これらは外から見てわかるようなものもあれば、耳の穴の奥の方に見られるものは非常に気付きづらく、発見が遅くなることもあります。耳血腫の中には原因が不明なものもあり、何かしら免疫関係の病気が関係しているのでは、と考えられています。

耳血腫の治療

耳血腫の治療は大きく分けて、「原因の治療」と「耳血腫自体の治療」があります。

原因の治療

耳血腫の原因の多くは、耳のかゆみによって引き起こされる外傷です。そのため耳血腫の治療としては、その原因にアプローチして治療することが大切です。

外耳炎の原因となる感染に対しては、感染源に応じた抗生物質や抗真菌剤を投与し、かゆみや炎症の程度に応じてステロイドで症状を緩和させます。外耳炎の中でも特に耳ヒゼンダニは耳疥癬(みみかいせん)とも呼ばれ、激しいかゆみを引き起こすだけでなく、他の猫にも簡単に伝染してしまいます。治療は駆虫薬を投与することで治療可能ですが、他の外耳炎と異なり、かゆみを抑えるためのステロイドの使用は禁忌ですので、注意が必要です。

また、アレルギーの場合は、ステロイドなどで症状を緩和させながら、アレルギーの原因となる物質を特定し、それを避けることで対応していくのですが、現在のところ、猫の場合は犬ほどアレルギー検査が充実しているわけではないので、特定できないことも多く、薬に頼らざるを得ないこともあります。

耳血腫の治療

耳血腫の治療

耳血腫はそのまま放置すると、耳介が変形したり大きく腫れあがってしまいますので、なるべく積極的な治療が必要です。

耳血腫の治療方法は様々あるのですが、基本的にはまず耳介にたまった液体を針で吸引し抜去します。そのあと、内科的にはステロイドやインターフェロンを注入することが多いのですが、一度の処置では耳血腫が治まらないことも多く、必要に応じて何度か繰り返すことがあります。

また、外科手術によって治療する方法もあります。手術では、耳介に液体がたまらないように皮膚を切開して患部を開きます。さらに耳の変形を防いだり、液体がたまるスペースを塞ぐために様々な方法で縫い合わせたり、ドレーンと呼ばれる液体を排出させるための管を設置したりします。

それぞれの治療は、耳血腫の状態や猫の性格などを考慮して、臨機応変に選択していきます。

まとめ

耳をかく猫

耳血腫は多くの場合、外耳炎から生じます。なので「耳をかゆがる」「頭をふる動作が増えた」というような症状がみられたときには、なるべく早く動物病院を受診し、耳血腫になる前に治療を行うことが大切です。

また、耳血腫になってしまったときは、あまり様子を見すぎると耳が変形してしまいますので、治療に時間はかかりますが、しっかりと完治するまで治療を継続するようにしましょう。


肉球 関連する記事


西原先生

協力:
森のいぬねこ病院
院長 西原克明 先生
http://animalclinic-prana.com/

東京農工大学腫瘍科第Ⅱ種研修医

  • − 所属学会 -
  • ・獣医麻酔外科学会
  • ・獣医がん学会
  • ・獣医神経病学会
  • ・ヒトと動物の関係学会
メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ