いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

子猫を可愛く撮影するための手助けをしてくれる小道具を紹介します

写真集やインターネット上にアップされている子猫の写真には、とても可愛く個性的なものがたくさんあります。 しかし「自分の愛猫も可愛く写真を撮ってあげたい!」と思っても、なかなか思い通りの写真を撮ることは難しいものです。
そのような際に活躍するのが小道具です。ここでは、子猫を可愛く個性的に撮れるおすすめの小道具を種類別にご紹介します。

狭いところに入れてみよう

猫にとって、狭いところはとてもリラックスできる空間です。自然なしぐさや表情を撮影できるでしょう。

【1】段ボール箱

狭いところの定番といえば、段ボール箱です。子猫よりも少し小さめのサイズを用意してあげるとよいでしょう。丸まっているうちに昼寝をし始め、可愛い寝顔が撮影できるかもしれません。

【2】マグカップ

生まれたばかりなど、サイズの小さな子猫の場合はマグカップもおすすめです。マグカップに収まってしまう姿が子猫の小ささを強調し、より愛らしく見せてくれます。

【3】洋服

洋服の袖口やポケットから子猫を覗かせてみましょう。好奇心旺盛な子であれば、そのまま服の中を探検し始めることもあるかもしれません。その様子を撮影することもおすすめです。

【4】かご

きれいな布を敷いたかごに子猫を入れてみれば、まるでブロマイドのようなシチュエーションを演出できます。周りにお花を飾り付けるとより可愛いらしく撮影できるでしょう。

おもちゃを使ってみよう

元気な子猫の場合は、おもちゃを利用しながら撮影することをおすすめします。おもちゃを利用することにより、猫の躍動感ある写真を撮影できます

【1】猫じゃらし

猫じゃらしを使えば、機敏に動く子猫の写真を撮影できます。いつもは見せない、獲物を狙う真面目な表情も撮れるかもしれません。また、猫じゃらしは猫の視線をカメラに向けたいときにも使えます

【2】ぬいぐるみ

猫のぬいぐるみとじゃれている姿を撮ることにより、まるで兄弟のような写真が撮れるかもしれません。また、お昼寝している子猫の横にそっとぬいぐるみを添えてみれば、愛らしさ倍増も間違いなしです。ぬいぐるみは子猫が起きているときにも寝ているときにも使える万能な小道具です

【3】ボール

ボール遊びでは、猫本来の生き生きとした姿が撮影できます。ボールを追いかける子猫をカメラで追ってみましょう。ボールだけではなく、毛玉もおすすめです。毛玉を解くやんちゃな姿も可愛いですよね。

【4】シャボン玉

外で撮影する場合はシャボン玉もおすすめです。シャボン玉に前脚を伸ばす姿が撮影できるかもしれません。また、子猫自身があまり動かない場合でもメルヘンな雰囲気を演出できます。いつもと違う写真を撮るにはもってこいの小道具です。

季節感を演出してみよう

一年の間には様々な行事があります。行事に合わせた小道具を使用し季節感を演出してみましょう。子猫の成長を季節の行事とともに追っていけるため、後々写真を見た際に成長記録としても楽しめます

【1】花

季節感を演出する場合、はおすすめのアイテムです。 春なら桜、夏ならひまわりのように、季節の花と一緒に子猫を撮影してみましょう。

【2】衣装

行事に合わせた衣装は特別感を演出するために最適です。
最近は猫用の衣装を売っているお店も多いため、好みの衣装があるかチェックしてみましょう。
衣装を用意することが難しい場合は、たとえばサンタの帽子や麦わら帽子などの小物を頭に乗せるだけでも雰囲気が出るためおすすめです。

【3】季節の小道具

お正月には鏡餅、ハロウィンにはかぼちゃのオブジェなど、季節の行事に合わせた小道具を使用してみましょう。
背景として置くこともよいのですが、たとえばクリスマスツリーのオーナメントに子猫を乗せてあげると可愛らしい写真を撮ることができます。

おわりに

子猫を可愛く撮影するための小道具は、意外と身近なところにあるものです。 もちろん、子猫によっても小道具との相性があります。嫌がったり、見向きもしなかったりするものもあるかもしれません。そのような場合は無理強いをせず、子猫に合った小道具を見つけてあげてください。
一番大切なのは、可愛い子猫をより可愛く撮影したいと思う気持ちです。この記事を参考に、ぜひ素敵な写真を撮影してみてください。


■ 関連する記事 ■
愛猫を可愛く撮る!デジタルカメラで猫を撮影するコツ
写真を撮るときにカメラのフラッシュを使ってはいけない理由
猫の気持ちはしっぽで!機嫌を表すしっぽの意味
ペットとの生活に役立つ情報が満載!いぬねこお役立ち情報記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ