いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫の爪とぎに対する防止対策、しつけ方法についてご紹介

猫を飼っているときに発生する悩みのひとつが、「爪とぎ」です。猫の好きなように爪とぎをさせた場合、畳や柱、壁やカーテンなどが傷だらけになってしまいます。今回は、猫の爪とぎ防止対策としつけの方法をご紹介します。

猫が爪とぎをする理由は?

猫はなぜ爪とぎをするのでしょうか?

これにはいくつか理由がありますが、基本的には爪のお手入れをすることが目的です。猫は爪とぎをすることにより爪の古くなった層をはがし、常に先を尖った状態にします。本来、猫は狩猟動物のため、本能的に獲物を捕まえるための武器をお手入れしているわけです。

また、特定の場所に爪跡を残して臭いをつけることは、縄張りを主張するマーキングの意味もあります。ほかにもストレッチついでに爪とぎをしたり、ストレス解消や飼い主の関心を引くためにガリガリ引っかいたりすることもあります。このような行動は猫の習性や本能と関係しているため、爪とぎを完全にやめさせることは非常に難しいと言えます

爪とぎの対策方法

いくら本能的な行動といはいえ、ところかまわず爪とぎをされると困ることも事実です。やめさせることができないのであれば、被害をなるべく小さくするための対策を講じなければなりません。
代表的な爪とぎ防止の対策としては、以下の方法があります。

【1】爪とぎの場所を決める

猫には同じ場所で爪とぎをする習性があります。爪とぎ器を与え、そこで爪とぎをさせることが一番手軽な対策でしょう
爪とぎ器は、段ボールや古いじゅうたんを丸めたものでも代用できます。また、猫は寝起きに爪とぎをする習性があるため、寝る場所の近くに爪とぎ器を置くことをおすすめします。

【2】カバーなどで防御する

猫は、爪が刺さりやすい場所を選び、爪とぎをします。引っかかれたくない場所がある場合は、その場所をすべりやすいカバーやビニールなどで覆ったり、爪とぎ器を立てかけて隠したりして、爪とぎをできないようにしましょう。爪とぎをされたくない場所に猫が嫌いな臭いのするスプレーを噴射しておくことも、防御方法のひとつです。

【3】爪切りをする

室内飼いの猫は外を歩き回ることがないため、爪が摩耗せず伸び放題になっています。この状態では、爪とぎの被害が大きくなってしまいます。爪とぎの被害を減少させるためにも、定期的に爪切りをしましょう

【4】ストレスを取り除く

猫はストレスがたまっているときや飼い主の気を引きたいときに、わざと爪とぎをすることがあります。猫の不満を見つけ、ストレスを取り除くことにより、ストレスが原因の爪とぎを防止することができます

爪とぎのしつけ方

猫に爪とぎのしつけをするときは、爪とぎをしていい場所といけない場所をきちんと教えることが大切です。爪とぎ器を買い与えても、別のお気に入りの場所がある場合は見向きもしないかもしれません。
引っかいてはいけない場所をガリガリ引っかき始めたら、すぐに爪とぎ器のところに連れていき、猫の前足を爪とぎ器にこすりつけてください。ここで爪とぎをしてね、と教えてあげるのです。これを何度も繰り返しているうちに、猫は爪とぎ器の場所と意味を覚えてくれるようになります。

気に入った爪とぎ器があれば、猫は自然とそこで爪とぎをするようになります。爪とぎ器は材質も様々で、立てかけるタイプや床に置くタイプなどがあります。猫の様子を観察し、好みの爪とぎ器を用意してあげましょう。マタタビなどを爪とぎ器に少し振りかけておくこともおすすめです。

おわりに

猫の爪とぎは本能的な行動です。まったく爪とぎをさせなかったら、猫はストレスがたまってしまいます。
好き放題に爪とぎをされて困る場合は、存分に爪とぎができる場所を用意してあげること、その場所でのみ爪とぎをするよう根気よくしつけることが大切です。
愛猫も飼い主もストレスなく生活できるよう、しっかりしつけを行いましょう。


■ 関連する記事 ■
猫の鳴き声がうるさい時のしつけと対策
猫の鳴き声で気持ちを知る!猫の鳴き方の種類
猫の愛情表現!しぐさや行動で分かる猫の気持ち
ペットとの生活に役立つ情報が満載!いぬねこお役立ち情報記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ