いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫のイタズラに対する正しい叱り方、しつけ方について

イタズラを叱られても反省せず、素知らぬ顔をする猫に困っている飼い主の方もいるのではないでしょうか。猫は本来、単独で生活する生き物であるため、犬のように主従関係に従うことがありません。そのため、猫には犬のようにごほうびを与えるしつけ方は効果が薄いようです。ここでは、どうしてもやめてほしいことや危険なイタズラをやめてもらうための、猫のしつけ方・叱り方についてご紹介します。

猫のしつけ方・叱り方を学ぶ前に

効果的にしつけを行うためにも、猫のしつけ方や叱り方を学ぶ前に、猫との信頼関係を築いておきましょう。猫に優しく話しかけたり、撫でたりして愛情を示すことが大切です。怒ってばかりの飼い主になってしまった場合、猫は飼い主を警戒してしまうため、うまくしつけることができません。イタズラを叱ってやめさせるためには「この人間は、いつも良いことをしてくれるヤツだ。こいつに叱られたらやめておこう」と猫に思われることが重要です。

猫の習性を理解する

猫は自分の本能のままに行動しているため、その行動について褒められたり叱られたりしても、意味をあまり理解しません。猫に対して大声で怒鳴ったり叩いたりすることは、意味のない行動です。猫は怒鳴られる行為を攻撃されていると思い、叱った人を危険人物とみなして、避けるようになってしまいます。体罰を受けた猫は人間に対する不信感から攻撃的な性格になってしまうこともあるため、体罰は行なわないよう注意してください。
また、猫がイタズラをしたり、攻撃的になったりするときは、体調不良が原因になっている場合もあります。日頃から猫の様子を観察し、猫からの危険信号を見逃さないようにしましょう。

困った行動をやめさせるにはどうしたらいいか

困った行動をやめさせるためには「その行動をすると嫌なことが起こる」と猫に学習させましょう。猫が、「してほしくないこと」をしようとした瞬間やしている最中に、一時的に驚かせてその行動をやめさせます。これを何度か繰り返すことにより、「その行動をすると嫌なことが起こる」と学習して猫は次第にやらなくなります。
猫を一時的に驚かせる方法はいくつかありますが、すべてに共通して言えることは「イタズラをしたらすぐに行うこと」です。あとでイタズラが発覚したときに猫を叱っても、猫はなぜ自分が怒られているか理解することができません。猫がイタズラをしたらその場ですぐに驚かせて叱りましょう。猫を一時的に驚かせる方法については下記を参考にしてください。

【1】両手でパン!と音を立てる

両手を強く叩いて「パン!」という音を出します。シンプルな方法ですが、この音で猫は動きをやめます。

【2】警告の音を鳴らす

猫同士が喧嘩する際の鳴き声「フー」や「シー」にできるだけ似た声で怒ります。「ダメ」「コラ」という掛け声でも大丈夫です。

【3】スプレーで水を吹き付ける

水を入れたスプレーを用意しておき、猫に吹き付けます。猫は水が苦手なため「その行動をすると水が出てきて嫌な目にあう」と思うようになります。

【4】新聞紙や雑誌を投げる

薄くて軽い雑誌や新聞紙を用意しておき、猫に向かって投げます。目的は猫を驚かせるためですので、誤って怪我をさせないよう注意してください。

【5】嫌な臭いを近づける

猫は柑橘類の臭いが苦手です。ミカンの皮などを猫の鼻に近づけると一目散に逃げ出します。市販されているしつけ用のスプレーを利用することもおすすめです。

おわりに

猫が人と共存するためにしつけは大切なことです。よくしつけられた猫は、健康状態もよく、病気や怪我のリスクも少ないと言われています。しつけ方を工夫して、素直で元気な良い猫に育ててあげてください。


■ 関連する記事 ■
猫の鳴き声で気持ちを知る!猫の鳴き方の種類
猫の気持ちはしっぽで!機嫌を表すしっぽの意味
猫の愛情表現!しぐさや行動で分かる猫の気持ち
ペットとの生活に役立つ情報が満載!いぬねこお役立ち情報記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ