いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫の多頭飼いは相性に注意!猫同士を仲良くさせる方法

猫2匹

愛くるしい猫たちがじゃれ合う様子は、愛猫家にはたまらないものです。猫がじゃれ合う様子を日常的に見ることができる多頭飼い生活に憧れる方も多いのではないでしょうか?しかし、多頭飼いは簡単ではありません。猫同士の相性が悪く喧嘩ばかりしてしまうため、結局部屋を分けて飼っているなどの話もよく聞かれます。そこで今回は、多頭飼いをする前に知っておきたい猫同士の相性における注意点や、猫たちを仲良くさせる方法をご紹介します。

仲良しの秘訣は「最初から一緒」

子猫2匹

猫の性格や特徴の大部分は、遺伝と子猫の時期の過ごし方によって決まると言われています。一般的に、生まれたときから人間の元で暮らしていた猫はあまり人を怖がりません。一方、幼少時に野良猫として生活していた経験がある猫は人を怖がるタイプが多く、懐くまでに時間が掛かったり、すぐに人を威嚇したりします。

猫によって個性があるため、多頭飼いをする場合はできる限り同時期に、同じような環境で育ってきた子猫同士で飼うことをおすすめします。性格が近い猫であれば、大抵の場合は問題なく仲良く過ごすことができるでしょう。また同じ品種の猫は性格の違いも比較的少なく、雄雌関係なくお互いを良き遊び相手として認識しやすいです。

多頭飼いを行う場合、「飼い慣れてから数を増やしていこう」という考え方はおすすめできません。最初の猫と次の猫で同居タイミングがずれた場合、猫同士が仲良くなりにくく飼育の難易度が高くなるためです。多頭飼いを考えている場合は、飼い始めから多頭飼いを行うことをおすすめします。

猫同士を仲良くさせるためには〈飼い始め編〉

よく「1匹でいるよりも遊び相手がいた方が良いのでは?」と考え、多頭飼いを行う方がいます。しかし通常、子猫の時期以外の猫は集団生活を行いません。多頭飼いを始めた際も、先住猫は新入り猫を威嚇し、あまり近づかないことが一般的です。猫同士がなかなか仲良くならなくとも飼い主はあまり焦らず、気長に向き合いましょう。以下では、先住猫と新入り猫を仲良くさせるための有効な手順をご紹介します。

1. 慣れるまでは先住猫と新入り猫を別室にし、先住猫の反応を見る。
2. 先住猫の様子が落ち着いてきたら、新入り猫をゲージに入れて先住猫の部屋へ置き、ゲージ越しに対面させる。
3. ゲージ内の新入り猫に対し先住猫が威嚇しなくなったら、短時間新入り猫をゲージから出す。猫たちの様子を見ながら徐々に一緒にいる時間を延ばし、お互いのいる生活に慣れさせる。

先住猫の年齢や性格にもよりますが、お互いに慣れさせるまで最低1~2週間は掛かるでしょう。また、場合によっては全く仲良くならず、完全別室で飼い続けざるを得ないケースもあるようです。

猫同士を仲良くさせるためには〈生活編〉

先住猫と新入り猫がお互いに慣れてきた様子でも、油断は禁物です。その後の飼い主の態度次第では、先住猫の態度が一変する可能性があります。平和な多頭飼い生活を送る上で、飼い主が注意したいポイントを覚えておきましょう。

1. 避妊・去勢は必須!

猫はなわばり意識を持つ動物であるため、オス同士が未去勢のまま仲良く生活し続けることは困難です。メス同士の場合も同様で、時期によってはむしろオス同士より精神的に不安定になることもあります。多頭飼いをする場合は特に、成猫になる前に避妊・去勢を行うことをおすすめします。

2. どんなことでも先住猫優先!

人間の子どもは兄弟が増えると「赤ちゃん返り」があるとよく言われますが、猫の場合も同様です。今まで飼い主の愛情を独り占めしていた先住猫は、飼い主からの愛情が新入りに注がれることに大きなストレスを感じます。ストレスから病気を発症したり、毛が抜けたりするケースも多々あるため注意が必要です。何事も過剰なくらい先住猫を優先させて頻繁に声を掛け、常に先住猫に優越感を与えましょう

3. けんかをしても怒らない、仲良くしていたら褒める

平和な多頭飼い生活を長く続けるためには、猫たちに「この猫と一緒にいると良いことがある」と覚えさせることが大切です。けんかをしても絶対に怒ってはいけません。2匹を静かに引き離したり、猫たちの気を自分に向けたりしてケンカをやめさせましょう。そして、仲良くしていたらしっかりと褒めてください。おやつなどのご褒美を与えても良いでしょう。

おわりに

猫の多頭飼いは魅力的ですが、さまざまな注意点もあります。実際に多頭飼いができる生活環境かどうかの判断も、慎重に行なってください。猫の数が増えると食べる量や排泄の手間も増えます。病気の治療費や避妊・去勢の費用負担について念頭に置くことも必要です。さらに、猫たちへ向ける愛情のバランスも大切です。必要なポイントをしっかりと押さえ、楽しい多頭飼い生活を送りましょう。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ