いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫の鳴き声がうるさいときの原因と対策、しつけ方法についてご紹介

飼い猫の鳴き声がいつもよりうるさくて気になるときはありませんか?時間帯によっては、飼い主の寝不足はもちろん、ご近所迷惑にも発展する場合もある見逃せない問題です。猫がうるさく鳴く原因は、いくつか考えられます。今回は猫が鳴く原因と解決のためのしつけや対策法をご紹介します。

【1】夜明けや夕方に鳴く

猫は生まれつき、明け方と夕暮れに活動することが多いと言われています。これは、獲物である小動物を捕らえるのに適した時間だからです。この、夜明けや夕方に元気になることを「薄暮行動性」と言います。日中、人間と一緒に過ごして遊んでもらっている猫はこの習性が薄れ、人間の生活サイクルとほぼ同じになり、夜はぐっすり眠って一緒に起きる、という例もあります。
しかし、室内飼育の猫の場合、朝ご飯を食べた後はほぼ一日中たっぷり寝ています。そのため、夜になると猫本来の生活パターンに従い、走り回ったり大きな声で鳴いてみたりするのです。

薄暮行動性による鳴き声の対策としては、昼間の活動を増やしてあげることが重要になります。猫がしっかりエネルギーを消費できるよう、猫じゃらしで運動させたり、追いかけっこに付き合ったりするなどの工夫をしましょう。昼間猫と一緒にいられない飼い主は、帰宅してから寝るまでの間だけでも、猫と遊んでください。いっぱい遊ぶことはストレスや運動不足の解消にもなり、猫の安眠にもつながります。

【2】外に出して欲しくて鳴く

室内飼いの猫が鳴く原因のトップは「外に出して欲しくて鳴く」です。特に、野良猫を保護してしばらくの間や、完全室内飼いだった猫が何かのはずみで屋外に出てしまい、外の楽しさを知ってしまった場合に「外に出せ!!」といつまでも鳴き続けます。その鳴き方は猫によっては壮絶なもので、あまりのうるささに根負けして外に出してしまったり、虐待を疑われたりする飼い主もいます。
外に出して欲しくて鳴いている場合は、決して根負けして外に出してはいけません。また、鳴きやませる効果的な方法は残念ながらありません。飼い主ができることは、「ご近所への防音対策」に尽きます。遮音カーテンやカーペットを利用し、なるべく外に声が漏れないようにしてください。そして、猫を叱ってはいけません。むしろ優しく接してあげましょう。
幸いにして、この理由により猫が一生鳴き続けることはありません。根負けして再び外出させたりしなければ、数か月も経てば猫は自分が外に出ていたことすら忘れます。時が過ぎるのを待ちましょう。

【3】発情期やストレスで鳴く

避妊・去勢していない猫は、発情期に大きな声で鳴くようになります。繁殖の予定がない場合は、避妊・去勢手術をしてあげてください。また、環境や家具の配置が換わった、トイレが汚れているなどのストレスが原因で鳴く場合もあります。猫はきれい好きで、環境の変化を嫌う動物です。トイレはいつもきれいにしてあげてください。

【4】鳴く=ごほうびをもらえると思っている

鳴いたらご飯やおやつをあげる、という行動を繰り返すことにより、猫は「鳴けばいいことがある」と考えて鳴くようになります。おやつの与えすぎは肥満の原因になります。
おやつを求めて鳴く場合は、一緒に遊んであげたり、ブラッシングしたりするなど猫が喜ぶことをしてあげましょう。猫との絆も深まり、猫も愛情を感じてくれるはずです。

【5】体調が悪くて鳴く

猫が体調不調を訴えて、頻繁に鳴くということも考えられます。猫の身体にやけどや傷がないかチェックしましょう。内臓の病気については、猫のおしっこや便の状態をチェックしてください。量・色・匂いなどがいつもと違う場合は、体調不良のサインです。必ずかかりつけの獣医に相談して指示を仰いでください。

おわりに

いつもはおとなしい猫がうるさく鳴くときは、何らかの不安やストレスを感じている証拠です。猫の鳴き声がうるさいときは、無理にしつけようとせず原因を探り出し、なるべくストレスをやわらげるような対策をしてください。


わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ