いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫の甘えるしぐさや行動から猫の愛情表現を汲み取ろう

猫にも愛情がある

猫は、犬と違い愛情表現がわかりにくい動物だという印象があるかもしれません。しかし実は、猫もさまざまな行動やしぐさで、飼い主に自分の思いを伝えようとしています
では、猫の愛情表現にはどのようなものがあるのでしょうか。猫が飼い主に対して見せる行動としぐさを、5つずつご紹介します。

猫の愛情表現・行動編

猫は飼い主に対し、さまざまなアクションで甘えてきます。ここでは、「猫の愛情表現」を表す行動の一部をご紹介します。

【1】身体をこすりつけてくる

飼い主に猫が自分の身体をこすりつけてくることがあります。これは「マーキング」という行動です。額や頬などを相手の身体にこすりつけることにより自分のにおいを付け、安全な場所を確保して安心しようとしています。
マーキング行為を人に対して行なうことは、猫がリラックスをしている証拠です。また、「この人はわたしのもの」という意思の表れであるとも言えるでしょう。

【2】グルーミング(身づくろい)

グルーミングとは、猫がにおいを消すために自分の身体を舐める行為です。しかしグルーミングの目的はそれだけではありません。ストレス緩和や相手とのコミュニケーションのためにグルーミングを行うこともあります。そのため、仲のよい猫同士は、互いにグルーミングをします。
猫が飼い主の身体をぺろぺろと舐めてくる行為は、猫があなたを大切な家族であると認めているサインです。

【3】後ろをついてくる

部屋から出ようとした際に、愛猫がついてくることはありませんか? 猫が飼い主の後を追ってくる行動は、「あなたと一緒にいたい、遊びたい」という気持ちのサインです。
もしかしたら愛猫はまだ子猫気分で、飼い主のことをお母さん猫だと思っているのかもしれません。たくさん遊ぶなどして、思いきり甘えさせてあげましょう。

【4】おもちゃを持ってくる

ふとしたタイミングで、子猫が飼い主の前におもちゃをくわえて持ってくることがあります。これも、飼い主に対して甘えているサインです。
このような行動は、狩りをした獲物を見せびらかす習性が元になっていると考えられていました。しかし、近年では飼い主を子猫だと思い餌を与えているという考え方が主流のようです。また、単純にそのおもちゃで遊んで欲しいという場合もあります。おもちゃを持ってきたときの表情や行動などを見て、ほめたり遊んであげたりしてください。

【5】前足でモミモミしてくる

座っている飼い主の足の上や柔らかい毛布の上で、前足の指をグーパーしながら足踏みするような行動を見たことがある方も多いのではないでしょうか。この行動も、飼い主に甘えてリラックスしている証拠です。
生まれたての子猫は、母猫のミルクの出をよくするために母猫のおなかを両前足でモミモミします。つまり、前足モミモミは猫があなたを母猫のように思っている気持ちの表れなのです。

猫の愛情表現・しぐさ編

「猫の愛情表現」を表すしぐさもさまざまです。行動と比べるとわかりにくいかもしれませんが、注意深く観察してみましょう。

【1】なでたときにゴロゴロと喉が鳴らす

猫をなでているとき、甘えたしぐさをしてゴロゴロと喉を鳴らすことがあります。これは喜んでいるサインです。その箇所をもっとなでてあげましょう。中には、なでてくれた人間の手を舐め返してくれる猫もいます。これは相手に対する親しみの気持ちを示しています。
しかし、猫は具合が悪いときにもゴロゴロと喉を鳴らすことがあります。猫の様子をよく観察し、猫からのサインを見逃さないようにしましょう。

【2】おなかを見せる

猫が仰向けに寝転がっておなかを見せるのは、相手を信頼している証拠です。つまり、近くにいる人間に対し全く警戒していない状態だと言えます。
ごきげんなときや遊んで欲しいときによく見せるしぐさです。なでたり遊んであげたりしましょう。

【3】しっぽをぴんと立てる

多くの猫は、しっぽの形でそのときの気持ちを示します。飼い主を見たときにしっぽが垂直にぴんと立っていれば、それは飼い主に対して信頼や愛情を抱いているサインです。これは自分一人で排泄ができなかった子猫の頃に、母猫がおしりを拭いてくれていたことを思い出すからであると言われています。
抱っこをしたときにしっぽをゆっくり動かすしぐさも、ごきげんな証拠です。

【4】ゆっくりとまばたきする

猫が飼い主を見つめて、ゆっくりとまばたきしてくることがあります。猫のゆっくりとしたまばたきは「あなたに対して敵意を持ってはいません」と伝える手段のひとつです。また、両目をぎゅっと閉じたり、目を細めたりすることも、まばたきと同様に信頼のサインです。
猫がじっと凝視してきたら、ゆっくりとまばたきをしてあげてください。猫との距離がきっと縮まるはずです。

【5】近くにいるのにそっけない態度をとる

猫は犬と違い、飼い主のことが大好きだからといって興奮して舐めまわそうとすることはまずありません。むしろ、そっけない態度をとることがあります。
寂しく感じる方もいるかもしれませんが、これは飼い主のことが嫌いで無視しているわけではありません。安心しているからこそ、そっけない態度をとるのです

おわりに

猫にも人間と同様、性格や個体差があります。常にそっけない態度をとる猫もいれば、常にゴロゴロと甘えてくる猫もいるでしょう。生まれながらに持っている性格はもちろん、飼われ始めた年齢や環境などにより、飼い主に対する接し方は異なります。
今回ご紹介したのは、猫の愛情表現のごく一部にすぎません。猫のさまざまな行動やしぐさから気持ちを読み取り、かわいい猫との生活を楽しみましょう。


■ 関連する記事 ■
猫の気持ちはしっぽで!機嫌を表すしっぽの意味
猫の鳴き声で気持ちを知る!猫の鳴き方の種類
室内飼いの猫におすすめなストレス解消法
ペットとの生活に役立つ情報が満載!いぬねこお役立ち情報記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ