いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫が餌を食べないときの原因や対処方法についてご紹介

飼い猫が急に餌を食べなくなった、という経験はありませんか?昨日まではおいしそうに食べていたのに、今日は餌に見向きもしない…。餌の前までは行くが、じっと見ているだけで食べようとしない…。おなかが空いているはずなのにどうして食べてくれないのか、飼い主としては心配になりますよね。今回は、猫が餌を食べないときに考えられる理由をご紹介します。

猫は神経質でわがまま!

猫はとても単純な理由により餌を食べなくなることがあります。猫はとても神経質で「わがまま」な動物です。何か気に入らないことがある場合、それが原因で餌を食べなくなることがあります。たとえば、食器の色や形が気に入らない、いつもと同じ時間に餌が出てこなかった、などです。部屋のレイアウトを変えただけでも、食べることを拒否したりします。
基本的に、猫は生活環境やリズムの変化を嫌います。猫が急に餌を食べなくなった場合は、猫の様子を観察し、なにが不満なのか、なにが気に入らないのか探ってみましょう。いつもの食器に戻した途端に、勢いよく食べ始めるかもしれません。

猫はグルメ!

猫は、食べ物に関してとても頑固な動物です。一度「まずい」と思った食べ物は、それ以降まったく食べなくなることもあります。その一方で、気に入った餌がある場合はその餌ばかりを食べ、他の餌を一切食べなくなることもあるのです。
また、猫は目新しいものを嫌う傾向があるため、いきなり新しい餌を与えても食べてくれないことがあります。猫にはそれぞれ、自分好みの味、匂い、食感などがあり、自分の口になじみのある食べ物は安心して食べます。しかし、なじみのない食べ物は敬遠します。新しい餌を食べさせたい場合は、これまで食べていた餌の中に少しずつ新しいものを混ぜてください。急に餌を変えるのではなく、徐々に新しい餌に慣れさせるとよいでしょう。

その他の理由

生活環境の変化や食べ物の好み以外にも、餌を食べなくなる原因はいくつか考えられます。たとえば、猫も人間と同じで、真夏の暑いときには夏バテして食欲がなくなり、餌を食べられなくなることがあります。外を出歩ける猫の場合は、ほかの人に餌をもらっていて、おなかがいっぱいなのかもしれません。ほかにも、ワクチン注射などを打った際やメス猫の場合は妊娠の初期、去勢していないオス猫であれば繁殖期に、一時的に食欲不振になる場合があります。このようなことはすべて自然の理由なので、過度に気にする必要はありません。

ただし、猫が長い間餌を食べない場合は、何かしらの病気にかかっている可能性があります。また、口内炎ができており、口の中が痛くて食べられないということも考えられます。猫が丸一日何も口にしない場合は、念のため動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

おわりに

猫が餌を食べなくなった理由は、必ずしも体調不良とは限りません。むしろ、何かに対する不満の表れや食べ物の好みが理由である場合のほうが多いです。最近では偏食が原因となり肥満になる猫も多くなっています。他の餌を食べてくれないからと、猫が好んで食べるおやつばかりを与えないよう十分注意してください。また、猫の食べ物の好みは子猫のうちに決まると言われています。子猫を飼っている場合は、日ごろから栄養バランスの良い餌を与えるように心がけましょう。


わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ