いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫のおやつにケーキやクッキー?おすすめの猫用手作りおやつレシピ3つ

人とじゃれる猫

ペットにおやつを与える方が増えてきています。しかし、「せっかくあげたのに食べなかった」「いつも決まったペットフードしか食べない」と苦戦している方も多いのではないでしょうか?そのような方は、手作りのおやつに挑戦してみましょう。今回は手軽に作れるおすすめの猫用手作りおやつのレシピや、おやつをあげる際の注意点についてご紹介します。

最初は「少量・ゆっくり・慎重に」

おやつをもらう猫

猫によって、食べ物の好みは個体差があります。ドライフードが好きか、ウェットフードが好きかは、猫によって違います。魚類、肉類でも好みがあるはずです。せっかくのおやつタイムですから、猫の好みをくんで好きな味のおやつを与えてあげましょう。

猫は食に対してかなり慎重であるため、まずは味に慣れさせることが必要です。たとえ最初は食べなくても、鼻先に少量をつけてなめさせることを繰り返し、味を教えることにより不意に食べ出すことがあります。 1度食べなかったからといってあきらめず、気長に「楽しいおやつタイム」を育んでいきましょう。

なお、食べたあとは便のチェックも忘れずに行ってください。食べ物や体質によっては体調に影響が出る場合もあります。慣れるまでは様子をみるよう心掛けましょう。

食材選びは慎重に!猫が食べられない食べ物

人はおいしく食べられるものでも、猫にとっては毒である食べ物はたくさんあります。人間のおやつによく使用される食材の中で、猫に与えるべきではない食材をご紹介します。

【チョコレート・ココア】

猫は、チョコレートやココアなどのカカオ類に含まれるデオブロミンをうまく分解できません。分解されなかったデオブロミンは猫の中枢神経を刺激し、血圧や心拍の上昇を引き起こします。そのため、けいれん、嘔吐、下痢などの症状が現れます。最悪の場合は命を落とすこともあるため、注意が必要です。

【牛乳】

牛乳は脂肪分が高い上、乳糖(ラクトース)を含みます。しかし多くの猫は乳糖を分解するラクターゼという酵素を持っていません。猫は牛乳の乳糖を分解できないため、下痢になりやすいです。おやつ作りに牛乳が必要な場合は、猫用のものを与えましょう。

【卵白】

生の卵白にはビタミンの一種であるビオチンの吸収を抑える酵素が含まれているため、大量に摂取すると下痢や皮膚炎、結膜炎などの原因になります。なお、加熱した上で摂取することは問題ありません。

【ブドウ・レーズン】

ブドウやレーズンの摂取は、嘔吐、急性腎不全の要因になると言われています。特にブドウの皮の部分は危険性が高いため、絶対に与えないでください。レーズン入りのパンなどにも注意が必要です。

その他にも、エビ・カニ・貝類(ホタテの貝柱を除く)・イカ・タコなどの魚介類やアボカド・サトイモ・トマト・ナスなどの野菜、アンズ・梅・モモなどの果物も猫に与えてはなりません。また、人間向けに味付けされたちくわやハムなどの加工品や、ケーキやクッキーなどの菓子類、調味料も与えないようにしましょう。

おすすめの猫用手作りおやつレシピ

【おやつレシピ1】ひんやりツナアイス

・材料(約5個分)
ノンオイルのツナ缶 2缶(水分だけ使用)、マタタビの粉(キャットニップでも可)※キャットニップ…西洋マタタビ、一部ペットショップで購入可

・作り方
1.ツナ缶の水分のみを取り出し、マタタビの粉を少量混ぜ合わす。
2.製氷皿に入れ、冷凍庫で凍らせる。

【おやつレシピ2】さつまいもクッキー

・材料(約20枚分)
さつまいも 70g、薄力粉 30g、ベーキングパウダー 小さじ1/2、豆乳 小さじ1

・作り方
1.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
2.よく洗ったさつまいもを、竹串がすんなり通る柔らかさになるまで電子レンジで加熱する(約1~2分)
3.柔らかくなったさつまいもを麺棒でつぶして豆乳を加え、ペースト状にする。
4.ペーストに薄力粉とごまを加えて混ぜ合わせ、生地をまとめる。
5.生地を伸ばして好きな形に成型し、180度のオーブンで12~15分程焼く。

【おやつレシピ3】サバケーキ

・材料(約8個)
サバの水煮缶(身の部分のみ使用)100g、卵 1個、食パン(8枚切り) 1枚

・作り方
1.卵を割り、ほぐしたサバの身と細かくちぎった食パンを加え、混ぜ合わせる。
2.鉄板にクッキングシートを敷き、1を小スプーン1杯分ずつ、間隔を空けて置いていく。
3.180度のオーブンで7~8分程焼く。

おわりに

手作りおやつは添加物などの点で安心できるだけではなく、愛猫とのコミュニケーションができるメリットもあります。なお、おやつが習慣化し、通常の食事も手作りしたくなった場合は、栄養や食事内容の管理について獣医に相談することをおすすめします。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ