いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

生活環境や地域により異なる猫の好物についてご紹介

一般的に猫の好物は「魚」と思われているのではないでしょうか。魚屋の店先からノラ猫が魚をくわえて逃げていくイメージは、昔からある猫のイメージです。魚をくわえた猫のデザインなどもよく見かけます。しかし実際には、意外な食べ物が猫の好物であることも少なくありません。今回は猫の好物についてご紹介します。

猫の好きな食べ物の代表は?

猫の好物の代表としてよく挙げられるものは、焼き魚、チーズ、刺身、鶏肉、煮干し、などです。市販されているキャットフードも、カツオ味やマグロ味が主流になっています。干しいも、海苔、かつお節などが好きな猫の話もよく聞きます。純血種の猫は魚よりもチーズのほうを好んで食べるという調査結果もありますが、基本的に海鮮系の食べ物が好物であるのことは間違いないようです。
しかし、なかにはヘルシー志向な猫もいるのか、きゅうりやとうもろこしなどの野菜を好んで食べる猫もいます。その他にもあんこや饅頭の皮など甘味が強い食べ物が好物の猫もいるようです。

海外の猫の好物

上記はあくまでも日本の猫のお話です。世界に目を向けてみると、欧米の猫は魚をあまり食べません。欧米の猫は肉を好んで食べ、売られているキャットフードもビーフやチキンが主流です。冗談と思われるかもしれませんが、イタリアの猫はパスタを食べ、インドの猫はカレーを食べます。
ひとくくりに猫といっても、飼われている場所が違えば好んで食べる食べ物も変わってくるようです。つまり、猫には特定の好物があるわけではなく、これまで過ごしてきた生活環境によって好きな食べ物が決まってきます。日本では「猫に魚」と言いますが、猫が目の色を変える食べ物は各国で異なってくるのでしょう。

食べ物の好みは十猫十色

猫は本来、肉食獣です。鳥やネズミなどの小動物、昆虫類を食べて生きてきました。そのため今でも、動くものを見るとテンションが上がります。動くもの→楽しいもの→おいしいもの、という思考回路ができているのでしょう。しかし、現在の飼い猫のほとんどは、動く餌にありつけるチャンスはありません。人間が与える食べ物のうち、口に合うものが「好物」となります。
人間と同じように猫にも個体差があり、食べ物に対する好みはまちまちです。味、匂い、色、舌触りなど、いろいろな要素から猫は好きな食べ物と嫌いな食べ物を判断しているようです。なかには、きゅうりなどの野菜を食べる猫もいますし、メロンなどの果物を好む猫もいます。
猫は、生後3ヶ月くらいまでに好みの食べ物が決まってくると言われています。そのため、飼い猫の好物を決めるものは飼い主自身とも言えそうです。子猫のうちにお菓子ばかり与えてしまい、その味を覚えてしまった場合、お菓子にしか興味を示さない猫になってしまう恐れもあります。成長した猫も同様ですが、日ごろから栄養のバランスのとれた食べ物を与えることが大切です。

おわりに

猫の好物には個体差があったり、飼い主の食習慣が影響したりするため、「これ」というものはなかなかありません。飼っている猫の隠れた好物を見つけるために、いろいろな食べ物を試してみると良いでしょう。ただし、猫の体に悪そうなもの、猫に食べさせてはいけないもの、人間用の味付けのものなどは与えないよう注意してください。猫にとっても、好きな食べ物を食べることはストレス発散になります。日ごろは栄養バランスの良い食事を与え、食欲がないときやごほうびとして、たまに好物を与えましょう。


■ 関連する記事 ■
猫の適切な食事量は?猫の餌の量と回数
子猫の離乳食の時期は?子猫の餌について知ろう
牛乳ではなく猫用ミルクを与えるべき理由
ペットとの生活に役立つ情報が満載!いぬねこお役立ち情報記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ