いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫草は必要?猫が草を食べる理由と栽培したい方必見の猫草の育て方

猫と草

植物の中には、「猫草」と呼ばれる、猫が好む植物があります。ペットショップなどで栽培キットや発芽済みの猫草が販売されており、猫に食べさせるために猫草を栽培する飼い主の方もいらっしゃいます。ここでは、猫が猫草を食べる理由と猫草の育て方についてご紹介します。

猫草って何だろう?

猫じゃらし

猫が好んで食べる草を総称して猫草と言います。猫草は全ての猫が食べるわけではなく、好んで食べる猫とそうでない猫がいます。「健康的な猫は猫草を食べる」と誤解している飼い主の方もいらっしゃいますが、猫草を食べなかったとしても、健康面における問題は特にありません。

道端に生えている猫草もありますが、中には猫にとって有毒な草もあります。外猫の飼い主は近所に有毒な草が生えていないか注意してください。

猫に害がない代表的な猫草は、燕麦(えんばく)やエノコログサです。燕麦はイネ科の穀物であり、カラスムギやオートムギとも呼ばれる猫草です。燕麦の新芽を好んで食べる猫は多く、ペットショップやホームセンターで飼い猫用の燕麦が販売されています。一方、エノコログサは猫じゃらしとも呼ばれ、日本全土に分布するイネ科の一年草です。

他にも猫草には、小麦や大麦の若葉などがあります。猫の好む比較的背の低いイネ科の植物が猫草として認識されています。

猫が草を食べる理由

猫が猫草を食べる理由は完全には解明されていませんが、主に4つの仮説があります。

1つ目は、嗜好品として猫草を食べる説です。一般的に、猫はエサを丸のみすることが多いといわれますが、猫草を食べる際には何度も咀嚼する様子がみられます。従って、猫草は人間でいうガムのような役割を果たし、猫は猫草の食感を楽しんでいると考えられています。

2つ目は、便秘予防で猫草を食べる説です。猫草には食物繊維が豊富に含まれており、食べることにより便秘を解消することができます。猫は動物の中でも比較的便秘になりやすいため、猫草を食べる猫が多いと考えられています。

3つ目は、毛玉や異物を吐くために食べる説です。猫は毛づくろいをする際に、自分の毛や異物を飲み込むことが多い生き物です。腸に毛や異物が詰まらないように、ちくちくした猫草を食べることにより、胃を刺激して嘔吐を誘発させる可能性があると考えられています。

最後の仮説は、ビタミンを補充するために猫草を食べる説です。猫草には、葉酸とも呼ばれるビタミンB9が多く含まれるため、ビタミン不足の猫が栄養素を補充するために猫草を食べると考えられています。

猫草の正しい育て方

猫草の作り方の一例をご紹介します。まず、底に穴の開いた容器を用意しましょう。半分に切り、底に穴を開けたペットボトルを使用しても構いません。土に関しては、菜園用の腐葉土などが望ましいと言われています。

用意した容器に土を入れ、猫草の種を満遍なくまきます。そして種の上から少し水をかけ、種が1cmほど埋まるように土をかぶせてください。それから、もう1度静かに水を注ぎましょう。

種をまいてから発芽するまでは、直射日光が当たらない場所に置いてください。新聞紙などで蓋をすることにより、直射日光と乾燥を防ぐことができるため便利です。

毎日水をあげることにより、3~5日ほどで発芽します。発芽後、日光がよく当たる場所に容器を移動させ、十分に成長するまで毎日水を与えます。背が7~8cmほどに達した猫草が、猫にとって食べ頃です。

おわりに

ここまで、猫が猫草を食べる理由と猫草の育て方についてご紹介しました。猫草を与えることは、猫のストレス解消につながります。自宅付近で猫草を見つけることが難しい飼い主の方は、猫草の栽培にぜひ挑戦しましょう。


肉球 関連する記事

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ