いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

オリーブオイルや食物繊維たっぷりフードで快便!猫の便秘解消法3つ

猫

家族の一員である猫は、体の異変を言葉で訴えることができないため、飼い主は猫の体調を常に気にする必要があります。

人間と同様、猫もときにはおなかの調子を壊し、便秘になることがあります。「最近、猫のトイレ掃除の際にウンチを見る回数が何となく減った」「排便自体はあるものの、コロコロの固いウンチばかりするし、排便の様子もつらそう」「ご飯やおやつを欲しがっているから食欲はあるようだけど、食べる量や回数が減ったかも」など、便秘の疑いがある場合、どうすれば良いのでしょうか。今回は、猫の便秘解消に最適なフードを3つご紹介します。

固い便のすべりを良くする「オリーブオイル」

オリーブオイルの効果

オリーブオイルは猫の便秘解消に効果的です。腸内の固い便のすべりを良くし、排便を楽にする効果が期待できます。1日に与えるオリーブオイルの量は、1回の食事に対して大さじ1杯程度です。愛猫が普段口にしているフードに混ぜて与えましょう。

オリーブオイルには、整腸作用はもちろん、猫に必要な「リノール酸」を含むため、血液凝固の防止や健康な被毛作りにも役立ちます。人間にとってきれいな肌作りのために便秘解消が効果的なように、猫のきれいな毛並み作りのためにも便秘解消は大切です。オリーブオイルを与えることにより、つやつやの毛並みを実現できます。

食物繊維たっぷりの「野菜入りフード」

肉と野菜をバランス良く摂取する必要のある人間とは異なり、肉食動物である猫は野菜を採る必要はありません。しかし、猫にも野菜の入ったフードを与えることにより、整腸作用などの効果が期待できます。

必要な栄養素がバランス良く含まれた「総合栄養食」のフードを与えている場合、猫は十分に栄養を摂取しています。しかしフードだけを与えていて便秘になった際は、食物繊維をたっぷり含む野菜が入ったフードを与えるか、野菜を少しトッピングして与えると良いでしょう。

野菜をトッピングする場合は、食物繊維が豊富なサツマイモやカボチャがおすすめです。ふかす・ゆでる・レンジにかけるなど、加熱してやわらかくしてからみじん切りにし、フードに混ぜて与えましょう。サツマイモやカボチャの他にも、キャベツやニンジンなどを入れることもおすすめです。愛猫の好みも考慮して、よく食べてくれる野菜を調べてみてください。

ただし、野菜の与えすぎは逆に愛猫の健康を損ねてしまう可能性があるため注意しましょう。また、猫に与えてはいけない野菜も存在します。貧血や呼吸困難、嘔吐や下痢の症状を起こす危険があるため、ネギを与えることは控えてください。

猫にも効果的な「ヨーグルト」

猫にヨーグルトを与えることも便秘解消法として効果的です。人間の整腸に効果的とされるヨーグルトを、猫に与えても大丈夫なのかと不安に思う飼い主もいるでしょう。しかし、与える種類と量に留意することにより、猫の健康を害することなく腸内の善玉菌を増やし、便秘解消につなげることができます。

猫にヨーグルトを与える際は、砂糖などの添加物が含まれていないプレーンタイプのヨーグルトを選びましょう。また、1日に与える量は、成猫(大人の猫)で小さじ1~2杯程度で十分です。スプーンや指にすくって猫に舐めさせると良いでしょう。猫がいつも食べているフードに混ぜて与えても構いません。

おわりに

今回は食に焦点を当てた便秘解消法をご紹介しました。この他にもおもちゃを使った適度な運動やおなかのマッサージを通して、日常的なコミュニケーションの中で腸の動きを活発にする機会を作ることも大切です。

これらの方法を試しても便秘が改善されない場合、便秘以外の病気の可能性も考えられます。かかりつけの獣医師に相談し、原因を把握しましょう。


肉球 関連する記事

メルマガ登録へ
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ