いぬねこお役立ち情報のアイコン いぬねこお役立ち情報

猫が食べやすい食器の形や素材は?猫の餌皿の選び方

エサを食べる猫たち

猫に餌を与える皿はどのようなものを使用していますか?

飼っている猫の餌を食べる量が減った場合、「餌に飽きちゃったのかな」「何か悪い病気にでもかかったのでは・・・」などと考える方が多いことでしょう。しかし、もしかすると食欲がない理由は、餌皿にあるかもしれません。

そこで今回は、猫が餌を食べやすい食器の形や素材に焦点を当て、猫の餌皿の選び方をご紹介します。

どんな形の食器が食べやすい?

キャットフード

猫の餌皿を選ぶ際に重要なポイントは、容器の深さです。

猫の体の大きさに対して容器が深すぎる場合、底に残った餌を食べ残してしまうだけでなく、容器のふちにヒゲが当たることにより猫がイライラして餌を食べることをやめてしまうことがあります。猫の餌を載せる皿は、平たいものを選ぶことをおすすめします。

同じ理由から、皿の大きさにも注意が必要です。あまりに小さい皿では容器にヒゲがふれてしまうため、猫の顔の大きさに合わせたサイズの皿を選びましょう。

餌皿の素材は何が良い?

猫用の食器は、プラスチックやステンレス、陶器などさまざまな素材のものが販売されています。素材により重さも見た目も異なりますが、猫の食べやすさを重視する場合はどの素材が良いでしょうか。

それぞれにメリットとデメリットがあるため一概にはどの素材が良いとはいえませんが、下記にまとめた各素材の食器の特徴を参考にすると良いでしょう。飼っている猫の食事の様子を観察し、食事の仕方や癖に合わせて素材を選んでください。

プラスチック製の食器

プラスチック製の皿は安価で入手しやすいです。猫が飽きっぽい性格であるなどの理由から皿を頻繁に買い替える場合は、プラスチック製の皿が良いでしょう。軽いため、持ち運びがしやすい点もプラスチック製食器のメリットです。

しかし、プラスチックは細かい傷が付きやすく、汚れが落ちにくいことが難点です。細かい傷が付くとそこから菌が繁殖することもあるため、プラスチック製の皿を長期間使用することは衛生面からもおすすめできません。

また、軽いプラスチックの皿は、猫が餌を食べている際に皿が動いてしまうこともデメリットです。皿が動くと落ち着いて食事ができないため、餌をくわえて床に置いてから食べることもあります。

ステンレス製の食器

では、ステンレス製の皿はどうでしょうか。傷が付きにくいため菌が繁殖しにくく、汚れが落ちやすい点がステンレス製食器のメリットです。

プラスチックに比べると重さはありますが、ものによっては皿が動いてしまうことも多々あります。皿の裏に滑り止めが付いたものであれば、多少皿が軽くても食事中に皿が動いてしまうことは少なくなるでしょう。滑り止めが付いていないものを使用したい場合や、滑り止めが取れてしまった場合は、皿の下にシリコン製のシートを敷いてください。

猫によっては皿が銀色にキラキラ輝くことが気になり、ステンレス製の皿から餌を食べることを嫌う場合もあります。金属の臭いが気になって餌を食べなくなる場合もあるようです。ステンレス製の皿に変えた途端に食欲が低下した場合は、ステンレス製以外の非金属の食器に戻した方が良いでしょう。

陶器の食器

陶器の皿は重みがあり、よほど大胆な食べ方をしなければ皿は動かないため、猫にとっては食べやすい食器です。ただし、落とすと割れてしまう、皿が大きい場合は重すぎて持ち運びが大変など、人間にとっては扱いづらい面もあります。

その他の注意点

猫は餌を舌で舐め取るようにして食べるため、底がツルツルしている食器では、餌が滑ってしまうことがあります。凹凸が付いていたり、底面がザラザラしたりしている皿を選ぶことにより猫が餌を食べやすくなるでしょう。

また、餌皿の内側は模様のない、真っ白なものをおすすめします。まれに、皿の模様を気にして食事が進まなくなる猫がいるためです。

おわりに

猫の餌皿の選び方をご紹介しました。餌を食べやすい食器は猫により異なりますが、ヒゲが当たらない形で、食事中に皿が動かない素材のものを選ぶことがポイントです。猫の大きさや餌の食べ方に合わせて、食べやすい食器を選んであげてください。


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ