いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク

編集長、街中で猫さんと出逢う

いぬねこマガジン編集長のいつかはマイホームで犬猫生活のバナー

こんにちは。いぬねこマガジン編集長のおーさきです。

最近猫カフェに興味があって、色々と情報収集をしています。その影響なのか、街中でも猫さんたちに出逢う確率が高くなってきました。つい先日も、ねこ経済新聞さんと雑談したのですが、編集部の方が「だんだん感覚的に猫のいるところがわかるようになるんですよね~」と仰っていました。いよいよぼくもその段階に突入したのかもしれないと、ひとりうれしくなっている今日この頃です。

さて、このコラムでは、主にいぬねこマガジンのサイトの使い方を解説していますが、今日は少し趣を変えて、最近街中で出逢った猫さんとの想い出を書いてみたいと思います。

猫さんにカメラを向ける

カメラを片手に街中を歩いていたら、何か気配のようなものをビビっと(←古いですかね。。)感じました。視線を落とすと、とある建物の柱の前に、猫さんがいらっしゃいました。

顔を洗う猫さん

猫さんをびっくりさせてはいけないので、ある程度の距離を保ちつつ、望遠側で1枚撮影。その後、猫さんは少しだけ場所を移動しました。居心地が良い場所を見つけたのか、辺りを確認しつつ、寝る体勢に入りました。

寝場所を確保する猫さん
きょろきょろする猫さん
肉球を見せる猫さん

肉球を見せてくれるサービスショットまで披露してくれた猫さん。
でも、こちらに気づかれました。

見つめる猫さん

「ちょっと、何見てんのよ」

しばし、お互いを見つめあう猫さんとぼく。

横になる猫さん

猫さんはぼくの存在を気にしなくなったのか、その後ぷいっと横にどーんとなりました。

と思いきや、むくりと顔を起こして、またしても肉球のサービスショット。

2度目のサービスショットを披露する猫さん

ほんの数分の出来事でしたが、楽しい楽しい猫タイムでした。

チャームポイントの写真を大募集

2015年6月10日~2015年7月7日まで、いぬねこマガジンでは「チャームポイントの写真」を大募集中です。猫さんのような肉球もOKですし、あなたのワンちゃん猫ちゃんの「ココ!」というポイントを教えてください(^^)

フォトコンテストバナー

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


いぬねこマガジン編集長

いぬねこマガジン編集長 おーさき
犬ちゃん、猫ちゃんと暮らしたことがないくせに、いぬねこマガジンの編集長を名乗っている30代男子。将来的に犬派になるのか、猫派になるのか、まだ誰も知らない。けれども、ここ最近は猫派になりつつある気配を醸し出している。


■ 編集長連載記事バックナンバー ■

メルマガ登録バナー

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ