いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク「愛犬モモとの想い出」

第37話「黒いスター」

黒い歴史タイトル画像

ネットで話題だった黒いラブラドール・モモの歴史を振り返り続けている当コラム。今までにも、いろんなものに変身してきた(変身させられてきた)モモであるが、

バットマン

とある時には、

工作

諸事情と飼い主のエゴによって、

世界的ムービースターになるための工作

あの世界的なムービースター

バットマンに変身したモモ

バットマンになったこともあった。

・・・「なった」と言ってるわりには「なってない」と言えるほどのクオリティではある。それは僕もわかっている。場当たり的な図工感がハンパない点も、この際許していただきたい。

クオリティは高くない

と、いずれにせよ、このような衣装に身を包むことで、スターしての意識も高まり、バットマンとして縦横無尽に駆けめぐり、存分に活躍してくれるのかと思ったが、モモ。

活躍しないモモ

とりたててそんなバット自覚はないようで、
その姿のまま、いつもどおり

眠るモモ

くつろぎ続けていたのであった。

ハタから見ると、

犬とは思えない見た目

到底犬とは思えないほど、非日常な仰々しい格好ではあるが、

くつろぐモモ

むしろいつも以上に

さらにくつろぐモモ

日常な感じでくつろいでいるようであった。

モモもやはり年なのですね。ってどの犬でも別にこんなノーリアクションな感じになるのかもしれませんが。というわけで、こうしてゆったりと年老いていくモモについては、また当コラムでお伝えしていきたいと思います。ではまた。


2015年初夏、我が愛犬モモは虹の橋を渡ってしまいました。みなさんに可愛がっていただいた本当に幸せな犬でございまして、みなさんその節はどうもありがとうございました。

ただ、その渡った虹の橋の先が当サイトということで、これからもココではモモは存在し続けますので、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくおねがいいたします。


■ 関連する記事 ■

ヨシダプロ&愛犬モモの黒い歴史


ヨシダプロとモモ

ヨシダプロ
http://portal.nifty.com/cs/writer/profile/110607144641/1.htm
多摩在住のイラストライター。デイリーポータルZをはじめとする諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。犬が好き。

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ