いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク「愛犬モモとの想い出」

第36話「黒い飛行機(後編)」

黒い歴史タイトル画像

ネットで話題だった黒いラブラドール・モモの歴史を振り返る当コラム、前回、飛行機に突撃したモモであったが、

飛行機に乗り込む

さらに飛行機の中にまで潜入してしまっていたのであった!

飛行機の中を歩く

あら、犬がいわゆる飛行機の中を歩いている絵は際めて激レアである。実際飛行機に乗っている際にこんな普通に犬の散歩されたらなかなか戸惑うであろう。
そしてついには、

モモと飛行機

「あら、いい景色ね」

客席にまで。犬的にも興奮しているようであるが

モモと飛行機

「ねぇ富士山は?富士山は?富士山は?」

うるさい。
そしてモモその勢いで、ついには飛行機のコックピットにまでも。

コックピットにも

「快適な空の旅を」

と機長まで気取ってしまっているが、全然快適じゃない。こんな犬が操縦する不安な飛行機乗りたくない。

モモと飛行機

「わりとボタンが多い」

さすがモモも、限界は自覚したようである。
と、いうわけでいろいろ空を飛んできたモモであったが、

モモと飛行機

最後にあらためて

モモと飛行機

「空の日」を訴えてくれていたのであったこんな日まだあるのかどうか知らないが。みんなもしっかりと胸に刻んでおいて欲しいと思う。

というわけで実はココ、本当の空港ではなく、千葉県の成田にある航空博物館にて、飛行機がフリーで展示されている展示場にての茶番劇ございまして、(いろいろ犬を勝手にその節はすみませんでしたが、)飛行機好きな皆さんはぜひ足を運んでみていただけたらと思います。ではそんな空へと羽ばたくスカイラブラドールの今後については、また当コラムにて。ではまた。


2015年初夏、我が愛犬モモは虹の橋を渡ってしまいました。みなさんに可愛がっていただいた本当に幸せな犬でございまして、みなさんその節はどうもありがとうございました。

ただ、その渡った虹の橋の先が当サイトということで、これからもココではモモは存在し続けますので、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくおねがいいたします。


■ 関連する記事 ■

ヨシダプロ&愛犬モモの黒い歴史


ヨシダプロとモモ

ヨシダプロ
http://portal.nifty.com/cs/writer/profile/110607144641/1.htm
多摩在住のイラストライター。デイリーポータルZをはじめとする諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。犬が好き。

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ