いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク「ニャン吉道」

ニャン吉道 第17話 「ニャン吉道、最終回」

ニャン吉道

突然ですが、ニャン吉道は今回で最終回です。
素人が書いた文章を読んでくださる方がいらっしゃるのだろうかと、おっかなびっくり書き始めましたが、おかげさまで、今回まで無事に続けさせていただくことができました。

そして、素人の特権で、ニャン吉とニャン吉一家のあれやこれやについて、毎回自由に好きなことを書かせていただくことができました。とても楽しく貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

これまで、ニャン吉たちのことを書くときに心がけていたのは、クスッとでも良いから笑ってもらえるような内容にするということでした。私自身がお笑い好きということもあり、読んでくださる方が明るい気持ちになって元気が湧いてくるような、楽しい文章になるよう気をつけていました。

ですので、最終回も、みなさんに少しでも笑っていただけるよう、最近のみんなの可笑しな行動について書いてみたいと思います。
ですが、笑えるか笑えないかは、あなた次第!どうか悪しからず御了承ください。

ニャン吉道
 

まず、最近、ニャン吉が小声で話をするようになりました。休日の昼間のパトロールにお供するときなどに、なにやらさかんに話しかけてきます。しかも「ニャン」ではなく「ん゛ん゛」とか「ふんにゃ」とか「むはー」という少々難しい言語です。
彼は分かって当然だと思っているようですが、悲しいかな、私には何を言っているのかさっぱり分かりません。

そして、飯法師さんがボーっと突っ立っていると、ジャージの裾付近にマーキングされるようになりました。しかも、買ったばかりのお気に入りのジャージにマーキングされるようになりました (笑)

その時の「してやったり」な感じのニャン吉が、「シシシ」と笑う、チキチキマシン猛レースのケンケンの姿とダブって見えるのは私だけでしょうか。

ニャン吉道

ムッシュは、家族の声援を一身に受け、部屋中のドアを開けようと、毎日ガンバっています。
途中で見つかると、「ぼくは何もやっていませんよ」という顔で、さりげなくその場から離れます。後ろで応援していたまろちゃんも素知らぬ顔でしらばっくれています。

ムッシュとまろちゃんは、ニャン吉に似ています。ちょっと人間をなめています。

あまりんは、ずっと気になっていた壁の押ピンとカレンダーを退治するミッションをやっとクリアしました。
ニャ太郎は・・・ごはんをたくさん食べることと甘えること以外にはあまり関心がないようです。

みんな元気で、うまくいったり、いかなかったり、たまにけんかしたり、えらい目に遭ったりしながら仲良く暮らせることが幸せです。おかげさまで、面白おかしく愉しい毎日です。

これまで、私のつたない文章をお読みくださりありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもますます皆さまの毎日が笑顔であふれることを、ニャン吉一家ともども心からお祈りしています。

ニャン吉道 完

ニャン吉道

>>前の話 「ニャン吉道」記事一覧


ニャン吉プロフィール

ニャン吉
https://www.facebook.com/noraneko.nyankichi/

幸福を呼び込むと言われるカギしっぽの持ち主ニャン吉は日本中を旅する猫。普段は桜島のお膝元鹿児島県で暮らしています。Facebookなどを通じて写真や近況を公開中!


肉球 関連リンク

● ニャン吉くんの新しい写真集が発売されます
どんニャときでも笑う門には福来る!
1月24日より全国の書店で販売。
Amazon
楽天


● 写真集発売記念写真展開催!
 期間:平成29年1月25日~平成29年2月13日
 場所:東京都世田谷区豪徳寺1-50-17 東京ねこなかま
   http://nekonakama.com/access/
   ※火曜日定休日

 期間:平成29年2月17日~平成29年2月28日
 場所:東京都新宿区神楽坂2-11 アートスペースK2
   ※定休日なし

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ