いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク「ニャン吉道」

ニャン吉道 第15話 「ニャン吉、お世話係を心配する」

ニャン吉道

長崎で秋のパトロール

ニャン吉は、気候のいい時期なら、旅仲間がお店でご飯を食べるときなど車の中で待っていることができます。しばらくしたら戻ってくることが分かっているので、ひとりになっても平然としています。いつもくつろいだり昼寝したりして余裕で待っていてくれるので助かります。さすがニャン吉、パトロールという名の散歩が終われば、後は人間たちが何をしようと関心がないようです。

長崎へ

先日、いつもと違う、私の趣味につきあってもらう旅をしました。いちばんの目的は、長崎県の川棚町にある四次元パーラー「あんでるせん」に行くこと。途中で紅葉のキレイな場所があったらパトロールしてもらおうと思って出かけましたが、時間の都合上、立ち寄ることができませんでした。

でもニャン吉にも何か楽しいことがないと申し訳ないと思い、下調べなしで、諫早にある「上山公園」の遊歩道をパトロールしました。あまり期待していなかったのですが、この公園は「森林浴の森 日本の100選」に選ばれているらしく、散歩するにはもってこいの場所でした。石橋としては日本で初めて国の重要文化財に指定されたという眼鏡橋などもあり、なかなかの穴場スポットです。

森好きのニャン吉は大喜び。ご機嫌で遠くに行き過ぎたため不本意ながらカゴに入れられてのご帰還でした。もしまた行く機会があったら、思う存分パトロールをさせてあげたい場所です。

お世話係、念願の「あんでるせん」へ

四次元パーラー「あんでるせん」は、何年も前に知り合いに教えてもらったとき、なんとしても行ってみたいと思ったのですが、呼ばれないと行かれないという噂があり、なかなか行くことができませんでした。あれからうん十年。やっと呼んでもらうことができました。

ここからは、信じるか信じないかはあなた次第!興味のある方だけ読んでくださいという話です。この「あんでるせん」という喫茶店のマスターはマジックなのか超能力なのか見分けがつかない、すごいショーを見せてくれます。「ここに来て人生が変わった」という人がいるほどのショーですが、淡々と親父ギャグを飛ばし、あまりのスゴさに驚くお客に向かって「つれてにげてよ~♪ついておいでよ~♪」と歌ったりなどします。

明らかに、人の心が読めたり、時間や空間を自由に行ったり来たりしなければできないことをやってみせて「みなさんにもできます」などと言ったりもします。

テレビ出演の依頼があっても断り、有名になりたいわけでもないのに、全国から人が訪ねてきます。長崎の小さな喫茶店にソニー創業者、首相夫人、芸能人など有名人が大勢訪れているようで、壁からはみ出しそうなほど写真が貼ってありました。そんな人なら望めばもっと有名になり大金持ちになることもできるはずなのに、、、淡々と喫茶店のマスターとして働き、何十年も同じことをやり続けている意味を考えながらニャン吉の待つ車に戻りました。

すると、いつもよりだいぶ長く待たされたニャン吉が正座して待っていました。帰りが遅いので結構心配していたのかもしれません。どうやらパトロールという名の散歩が終われば、後は人間たちが何をしようと構わないというわけではなさそうなニャン吉なのでした。

正座するニャン吉

次回につづく・・・

>>前の話 「ニャン吉道」記事一覧 次の話<< 


肉球 「想い出トーク」バックナンバー


ニャン吉プロフィール

ニャン吉
https://www.facebook.com/noraneko.nyankichi/

幸福を呼び込むと言われるカギしっぽの持ち主ニャン吉は日本中を旅する猫。普段は桜島のお膝元鹿児島県で暮らしています。Facebookなどを通じて写真や近況を公開中!


肉球 関連リンク

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ