いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク「ニャン吉道」

ニャン吉道 第13話 「こころの遺伝」

ニャン吉道

人好きなあまりんの次は、黒とグレーのフワフワした毛並み、まん丸黒目とスクリューしっぽがチャームポイント。家族の中でいちばんの元気者「まろちゃん」の心の声です。

孤独を愛する女、まろちゃん

まろちゃん

カリカリごはんは、お皿の中から前足でそっと取り出して、一粒ずつ食べるのがオツ。ツウの食べ方だと思う。あまりん母さんがこっそりおやつをもらって食べているとき、昼寝をしていても気がつく自分が不思議。

名前を呼ばれたら返事をする、お客さんが来たら元気に「いらっしゃいませー」と言う。コレって礼儀。ちゃんとあいさつができない猫なんて信じられにゃい。
でも、基本、撫でてほしいとき以外は干渉しないでほしいと思っている。実は孤独を愛する女、まろ。にゃのだ。

寂しがり屋で甘えん坊のニャ太郎

ニャ太郎道

そんな孤独を愛する女とは正反対、寂しがりやで甘えん坊の男、ニャ太郎。

見た目はいちばんニャン吉父ちゃんに似ています。
ニャン吉父ちゃんみたいに強い男に憧れているけれど、自分がそんなタイプじゃないことに薄々気がついている。寂しくなると窓やドアに向かってうっかり泣いちゃう自分が不思議。

知らない人が訪ねてきたら、良い人かどうか見極めてから姿を現すことに決めている。でも、普段は名前を呼ばれたら嬉しさのあまり思わず走って行っちゃうタイプ。できれば、いつもかまってほしい!と思っているにゃり。

いつもヘアスタイルがキマッってる!ムッシュ

ムッシュ

最後は、いつも七三分けのヘアースタイルがバッチリ決まっているムッシュ兄さん。長いカギしっぽが自慢です。ひょうひょうとしたクールな勉強家。趣味は「観察」。 観察の甲斐あって、最近、まろちゃんと同じ食べ方でカリカリごはんを食べる技を習得できたのが嬉しい。

お風呂の中折れドアを前足で開けることができるのが自慢。(初めて見たときは、車の下に潜り込んで作業している自動車整備士さんかと思いました)
部屋のドアを人間が開けたときに、隙を見て素早く玄関まで行けたら10ポイント、運よくお風呂場まで逃げられたら20ポイント獲得できると思っている。貯まったポイントを何に使うかは教えられにゃい。今後の課題は、無茶なダッシュをして閉まったドアに頭をはさまれないようにすること。

何でもそつなくこなせるのに、水道から水を飲むときおかしなことになってしまうのはなぜなんだろう。蛇口から流れる水をいったん前足で受けてから飲まないと、なんかしっくりこにゃいのだ。

こども猫たちに受けつがれたもの

撫でてもらうまでしつこくつきまとう、まろちゃんの諦めない心は、パトロールに連れて行ってもらうまで催促し続けるニャン吉にそっくりです。ニャ太郎の人見知りなくせに寂しがりやなところ、ムッシュの物事に動じないけれど変なことにこだわるところなど、みんな、どこかしらニャン吉に似ています。

そして、ニャン吉の大好きな、あまりんのお茶目でやさしいところも、ちゃんと引き継いでくれています。ちょっと気難しいニャン吉とって、これ以上ない大切な家族なのであります。

次回につづく・・・

>>前の話 「ニャン吉道」記事一覧 次の話<<


肉球 「想い出トーク」バックナンバー


ニャン吉プロフィール

ニャン吉
https://www.facebook.com/noraneko.nyankichi/

幸福を呼び込むと言われるカギしっぽの持ち主ニャン吉は日本中を旅する猫。普段は桜島のお膝元鹿児島県で暮らしています。Facebookなどを通じて写真や近況を公開中!


肉球 関連リンク

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ