いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク

自走型保護猫カフェ『ネコリパブリック』さん訪問記

こんにちは。いぬねこマガジン編集部の藤本です。

「猫の共和国」という意味の名前を冠する保護猫カフェ『ネコリパブリック』さんにお邪魔してきました。以前から猫関連のニュース記事で話題になっていて気になっていた保護猫カフェさんです。今回は創始者でもあるネコリパブリック首相・河瀬麻花さん(以降、河瀬さん)に東京お茶の水店でお話しを伺ってきました。

猫の共和国という名を冠する『ネコリパブリック』とは?

「猫好きの、猫好きによる、猫のための共和国」というスローガンを掲げる保護猫カフェ、ネコリパブリック(以降、ネコリパ)。「入国審査」を通過した人のみが入国することができるという一風変わった猫カフェで、現在岐阜店と大阪店、東京店の3店舗あります。今回お邪魔した東京お茶の水店は畳のお部屋に、ちゃぶ台が並ぶ和風のたたずまい。大人の猫さん達がお出迎えしてくれます。

和室でくつろぐ猫たち

猫さん達に囲まれながらインタビュースタート。

自走型保護猫カフェとは?

一見、普通の猫カフェのように思えるネコリパですがちょっと違うところがあります・・・それは、ネコリパが「自走型保護猫カフェ」だということ。「自走型保護猫カフェ」とは一体どういうものなのでしょうか?

 河瀬さん

地域で保護活動をしている団体さんと協力しながら保護活動の支援をしています。ネコリパの店舗は保護された猫たちが安心して暮らせる場であり、新しい飼い主さんとの出会いの場。譲渡会など猫が知らない場所で知らない人たちに囲まれる形とは違い、「猫がいる空間に人間がお邪魔する」という形をとっています。猫達への負担も少なく、より素に近い状態をみてもらうことができるのでトライアルに出したあとの出戻り率が低いんです。

保護猫カフェには、一緒に暮らす猫を探しにやって来る方が多いのでしょうか?

 河瀬さん

そういった方もいれば、もちろん普通の猫カフェのように癒しを求めて猫に会いに来る人もいますね。ひとりでやってきて猫をもふもふして帰る。そういった方も大歓迎です。保護活動にかかるお金を寄付で募るというのも大切ですが、協力してくれる人の範囲が限られますし、なかなか長続きしません。けれど自分のちょっとした楽しみのためであれば、より多くの人がお金を使い続けてくれるはず。その利益分が保護猫のために使われるという形の方がきっと長続きすると思ってビジネスと保護活動を合体させる形にしています。

姫ちゃん登場

ちゃぶ台の上に登場した姫ちゃん。人懐っこい甘えんぼさんです。

「2022年2月22日までに日本の猫の殺処分をゼロに」

優しい表情で話す河瀬さん

ネコリパブリック首相・河瀬さん

「2022年2月22日までに日本の猫の殺処分をゼロに!」と掲げていらっしゃるのですね。

 河瀬さん

これは、「ニャンニャンニャンの日」をかけた日付ですが、実現可能な目標だと思っています。そのためにも一般の方に保護猫の活動を知ってもらい、日本に保護猫を貰う文化を根付かせたいと考えています。

などほど。そのためにネコリパで心掛けていることはありますか?

 河瀬さん

普通の猫カフェとも違うし保護シェルターとも違う。来たら何かしらワクワクする場所にするよう意識しています。保護活動の現場はとても大変です。夜中に捕獲器を持って猫を捕まえに行くというのは現場がやればいいと思っています。けれど、保護活動について知ってもらうこと、理解してもらうこと、そしてそれぞれの立場で可能な形で協力してもらえる人を増やしていきたい。そのためには、間口を広くして沢山の人に興味を持ってもらえるような楽しい形にするよう心掛けています。

最近では「猫もぐらたたき」という猫専用のおもちゃを作るプロジェクトが話題になっていましたね。

 河瀬さん

猫好きな人たちが集まって、猫のためになることを考えて形になったのが「猫もぐらたたきBOX」です。クラウドファンディングで目標の2倍を上回る資金を調達して商品化しました。その後それを使って遊ぶ猫の動画を募集する動画コンテスト「猫もぐらたたき大会」も開催しました。グランプリはなんと本マグロまるごと1本(!)。こうしたイベントを通じて楽しみながら保護活動の理解を深めていければと思います。

ねこもぐらたたき大会イントロダクション

最後に、いぬねこマガジンの読者のみなさんへのメッセージはありますか?

 河瀬さん

こらから猫を飼いたいという時、2匹目3匹目の猫をむかえたいという時にぜひ「保護猫」というものがあることを思い出して欲しいですね。そういったところから不幸な猫を減らすことができます。 そして、ネコリパでは猫をはじめて飼う方には大人猫をお勧めします。子猫の方が人気の傾向があるのですが、実際は大人猫は子猫と違って病気になりにくいですし、性格が定まっているので飼い主さんのライフスタイルに合わせて猫を選ぶことができます。一人暮らしの人にはマイペースな猫を。もし寂しがり屋の甘えん坊の猫でも、仲良しの猫と一緒であれば大丈夫だったりしますしね。
猫も人間も幸せに暮らせるようにパートナーを選んでもらえればと思います。


肉球 関連リンク


肉球 「想い出」記事一覧

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ