いぬねこトークのアイコン いぬねこトーク

愛犬や愛猫と過ごせる時間を大切に「イヌメモリ・ネコメモリ」【1】

ねこ経済新聞出張版

こんにちは。このたび新たにコラムを連載させて頂くことになりました、ねこ経済新聞と申します。ねこ経済新聞では、ウェブサイトやツイッター、facebookなどを通じて猫に関連するさまざまなニュースなどを日々お届けしています。こちらでは「出張版」という形で、犬や猫との想い出を残すことをテーマに話題を提供していきたいと思います。

イヌメモリ・ネコメモリ

イヌメモリネコメモリ

私たちに安らぎや癒しを与えてくれる愛犬や愛猫たち。彼らはペットという枠を超えて「家族の一員」と言えるでしょう。しかし彼らも命ある存在ですので、残念なことに必ず別れの時はやってきます。だからこそ、一緒に過ごせる時間を大切にしたい。たくさんの想い出を残していきたい。そう思うのは、オーナーさんとして当然のことです。

今回は、改めてそんな思いを再確認することができるユニークなアイテム「イヌメモリ」「ネコメモリ」についてご紹介したいと思います。

ヒトとネコの年齢の関係性が一目で解る定規

人と猫や犬の年齢

こちらは誰もがよく使う道具である「定規」に着目し、センチメートルの目盛が犬や猫の年齢とリンクしたものとなっています。例えばネコメモリの場合は、2センチの下に「24」、5センチの下に「36」、8センチの下に「48」などと数字が示されていて、これは人間でいう2歳、5歳、8歳の年齢が、猫にとってそれぞれおよそ24歳、36歳、48歳にあたるということを表しています。つまり定規を使うという日常的な行為を通して「そういえば今うちの子は11歳だけど、これは人間でいう60歳くらいに相当するんだな」というように、愛犬や愛猫が私たちとは違う時間の流れに生きていることを改めて感じられるのです。

犬猫との大切な時間を過ごす

日本ペットフード協会の発表によると、2014年の犬猫の平均寿命は犬が14.17歳、猫が14.82歳。これは人間の年齢でおよそ75~100歳以上にも相当します。もちろん中には20歳以上生きるワンちゃんや猫ちゃんもいるでしょう。ですが、そんな彼らとあとどれくらい一緒にいられるのか。それを考えた時、きっと誰もが「もっと優しくいたわってあげよう」「一緒にいられる時間を大切に過ごそう」と思うのではないでしょうか。

今回、このイヌメモリやネコメモリを手掛けている株式会社Caroの方にお話を伺うことが出来ました。次回以降で、開発の経緯やこだわり、イヌメモリやネコメモリというアイテムに込められた思い、そして実際に使ってみた方の感想など、さらに詳細をご紹介していきたいと思います。


ねこ経済新聞

ねこ経済新聞
http://nekokeizai.com/

2011年創刊。新聞と名前がついていますが、現時点ではインターネット上のみで運営。ウェブサイトやツイッター、facebookなどを通じて、猫に関するさまざまな地域ニュースなどを日々発信しています。


肉球 関連する記事

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ