いぬねこトーク「愛猫との想い出」

茶白猫 フウ君の紹介(その3)

じっとしているときは珍しいフウ君です

「くしゃみ」、ひどい口内炎、軟便に長期間悩まされ、このまま弱っていくのではないかと心配しましたが、見事に元気になりました。

しっぽが長く、手足が長い猫は運動神経がよいと何かの本で読んだことがありましたが、その通り、フウ君はとても活発で運動神経抜群のとてもやんちゃな猫さんになりました。やんちゃエピソードをご紹介したいと思います。

写真:じっとしているときは珍しいフウ君です

フウ君のやんちゃなエピソード

フウ君のお気に入りは本棚の上です

【1】平気で冷蔵庫の上に飛び乗り、私が冷蔵庫の前を通りかかると肩に飛び乗る・・・これはとてもびっくりしました。

【2】高速で犬のヴェントゥス君に近づき、お尻をパンパンパンと両前足で叩き、走り去る・・・そんなことを猫にされたら犬が怒りそうなものですが、あまりに早技でヴェントゥス君は固まっていました。

このような感じで家の中をヒラヒラと飛びまわり、隠れ、高いところから急に背中に飛び乗ったり、ヴェントゥス君にいたずらをしたりしていました。まだヴェントゥス君も今のように落ち着いていなかったため、いたずらが重なっていくとヴェントゥス君はイライラし始めていました。

写真:フウ君のお気に入りは本棚の上です

袋に隠れて犬のヴェントゥス君のお尻を狙っているフウ君

この家でのやんちゃに加えて困っていたことが「脱走」です。お外がとても好きな猫だったので脱走を繰り返していました。ベランダを工夫してベランダまで出られるようにしたものの、隙間を作り出し外に出るなど、脱走防止策はことごとく破られてしまいました。

驚いたのが、ヴェントゥス君が散歩に出るときにピタッとくっついて、見えないように隠れて一緒に出たり、ヴェントゥス君のお腹の下に小さくなって一緒に出たりするようになったことでした。「この子は忍者か!」と思いました。

写真:袋に隠れて犬のヴェントゥス君のお尻を狙っているフウ君

外に出られない日(作戦に失敗した日)は、窓や玄関のところでずっと鳴いていました。その悲しそうな声に私はとても胸が痛くなり、そしてヴェントゥス君はイライラしていました。「これはなんとかしなければ!」と思いフウ君のお散歩を始めました。これが「お散歩猫・フウ君」の誕生でした。

次回に続きます・・・


アニマルケアサービスMakani・福井Family

協力:
アニマルケアサービスMakani
代表/福井日花里
資格/愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物救命士、PONOPONOインストラクター
http://acmakani.jimdo.com/

犬の習性や気持ちを理解し尊重する犬育てのアドバイスをしています。

[Fukui family]
ヴェントゥス くん(アメリカン・コッカー・スパニエル)
コン くん(柴MIX犬)
フウ くん(白茶猫)
楓 くん(白黒猫)


肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ