いぬねこお役立ち情報「犬の気管虚脱」

犬の気管虚脱に要注意!「ゼーゼー」「ガーガー」息苦しそうにしている原因と治療法

気管虚脱とは

西原先生

呼吸で体から出入りする空気の通り道である「気管」が、様々な要因によって柔らかくなって変形してしまい(=虚脱”きょだつ”)、空気の通過障害が起きてしまう病気です。高齢の小型犬に多く見られ、特にトイプードルやヨークシャーテリア、チワワ、ポメラニアンに特徴的な病気です。

気管虚脱には虚脱を起こす場所によってタイプがあります。首のあたりなど頭に近い側の気管が虚脱を起こす、頸部気管虚脱(けいぶきかんきょだつ)。肺に近い側の気管が虚脱を起こす、胸部気管虚脱(きょうぶきかんきょだつ)と呼ばれるタイプのものがあります。

症状

気管虚脱で最も典型的な症状として認められるのは「咳(せき)」です。最初は、暑い時や興奮時、運動した時などに乾いたような咳、いわゆる「空咳」をするようになります。しかし、気管虚脱が進行すると、徐々に呼吸困難になってしまい、呼吸回数の増加やパウンティング(犬がハアハアと舌を出している状態)、湿ったような咳、あるいは運動してもすぐに疲れてしまう、というような症状も認められるようになります。さらに末期では、呼吸困難によるチアノーゼ(犬の唇、舌が青紫色になる状態)や失神がみられ、時には呼吸困難によって命を落としてしまうこともあります。

犬 チアノーゼ診察

また、気管虚脱には、もともと犬が抱えていた、呼吸器系の持病によって症状が悪化してしまうケースもあります。それらのうち、気管支炎や肺炎などによって気管虚脱が悪化する場合は、発熱や元気食欲の減退などがみられることもあります。他にも、犬の気管は首元を触ると触れることができるのですが、頸部気管虚脱では、その首元の気管に軽く触れるだけで空咳をしてしまうという症状もみられます。

原因

気管の骨組みは、軟骨と同じような成分で作られているので、弾力はありますが、しっかりとした強度を保っています。そのため呼吸時に空気が出入りしたとしても、気管の骨組みが変形することはありません。しかし、気管虚脱になると、その軟骨成分が何らかの原因で変化してしまい、気管は空気の出入りによって、簡単にぺたんこになります。そうなると空気の通り道が狭くなったり、広がったりしますので、うまく呼吸の空気が流れず、それが咳になったり、呼吸困難の原因になったりします。

犬 診察

今のところ、その気管の変形を起こす原因としては、遺伝性、栄養不良、そして肺や気管支といった、その他の呼吸器器官の異常によって引き起こされることが原因と考えられています。

予防及び治療法

気管虚脱は遺伝性もあるため、完全に予防することはできません。しかし、危険因子としては、肥満が要因として認められていますので、日常生活ではとにかく太らせないようにすることが大切です。また、咳などの呼吸器症状自体が、気管に負担をかけますので、そういった症状がみられた時には、早めに治療を開始して気管の負担を取り除く、あるいは普段から加湿して気管粘膜を保護するなど、呼吸器に負担をかけない生活をすることも重要です。

犬 注射

治療に関しても、気管虚脱になってしまったら、残念ながら完治させる方法はありませんので、なるべく病状を悪化させないような治療を行うことになります。

内科的な治療では、鎮静剤、鎮咳剤、ステロイド剤、気管支拡張剤、抗生物質などが用いられ、それぞれの犬の状態に応じて、また気管虚脱の病状の進行具合に合わせて、様々なお薬の組み合わせを用いて治療していきます。

外科的な治療では「ステント」と呼ばれる気管の扁平化(ぺたんこになること)を防ぐものを設置する方法があります。しかし、ステント療法は実施している施設は限られています。その他にも呼吸困難の対策として酸素吸入を行ったり、気管を保護するために薬剤の吸入療法(ネブライジング)を行ったりすることもあります。

まとめ

気管虚脱は、完治させることができない非常に厄介な病気です。治療も確実に症状を抑え込めるような、確立された方法はなく、様々なお薬を組み合わせて治療しているのが現状です。

気管虚脱の症状は、症状が進行すればするほど呼吸が苦しくなるため、その姿は見ている飼い主の方もかなり辛いものです。なおで、なるべく早い段階の「空咳」をするうちに、気付いてあげることが大切です。さらには、気管虚脱になるリスクを下げるために、太らせないようにすることも大切です。


西原先生

協力:
森のいぬねこ病院
院長 西原克明 先生
http://animalclinic-prana.com/
http://morinoinuneko.com/nishihara/

東京農工大学腫瘍科第Ⅱ種研修医

  • − 所属学会 -
  • ・獣医麻酔外科学会
  • ・獣医がん学会
  • ・獣医神経病学会
  • ・ヒトと動物の関係学会

肉球 関連する記事

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ