いぬねこお役立ち情報「犬の膵炎」

犬の食欲低下・下痢・嘔吐の原因は?膵炎発症の原因と治療法とは

犬の膵炎(すいえん)とは?

森 研一先生

膵臓(すいぞう)は胃にくっつくように存在している、一見脂肪のかたまりのように見える臓器です。そこでは、膵液(すいえき)という消化酵素(タンパク分解酵素、脂肪分解酵素、炭水化物分解酵素など)と血糖値をコントロールするホルモン(血糖値を上昇させるグルカゴン、血糖値をさげるインシュリン)を分泌しており、生命の維持に不可欠な器官です。

膵炎は、膵液で自らの組織を消化してしまうことによって炎症が起こる状態を言います。膵液によって膵臓が溶かされてしまうと、ご飯を消化吸収できなくなる結果、全身状態が悪化し、また血糖値をコントロールすることが難しくなりますので、糖尿病になるリスクも高まる恐ろしい病気です。

膵炎の症状

膵炎の症状は急性と慢性に分けることができます。急性では腹痛、発熱、食欲低下による元気消失、呼吸が荒い、嘔吐または下痢、脱水などが現れます。慢性では、急性に似た症状が散発的に(間隔をあけて数回)認められます。

トイプードル、ミニチュアシュナウザー、コッカ―・スパニエル、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどの犬種で発生が多いと言われていますが、どの犬種でも起こり得る病気です。

下記に示すような症状が認められた場合には、速やかに獣医さんの診察を受けてください。

急性:体を丸めて動かない、食欲不振、元気消失、嘔吐、下痢、身体が熱い(発熱)
慢性:散発的な嘔吐、下痢、食欲不振

犬 発熱

膵炎の原因

膵炎の原因ははっきりとはわかっていませんが、高脂肪食、おやつのあげすぎ、肥満、急激な食事内容の変化、お薬の服用、外傷、感染症など膵臓に何らかの刺激が加わった場合に起こるようです。これらの刺激によって、本来小腸に流れ込んで食べ物を消化するはずの膵液が膵臓の中に流れ込んで溶かしてしまうことで発症します。

実際、私の病院へ診察に来られた飼い主さんの犬の多くに見られる共通点として、食欲が旺盛、高脂肪食、おやつの与えすぎ、お散歩が少ないこと等による肥満のワンちゃんが多い印象です。また、胃の調子が優れないワンちゃんが多いことも挙げられます。

犬 肥満

膵炎の治療

膵炎の治療は内科的に行います。急性では輸液療法を行い、吐き気や悪心を抑える制吐剤、鎮痛剤による対症療法が主体となります。

一旦、急性症状を治めた後はタンパク分解酵素阻害剤、低脂肪・低たんぱく食などによる食事療法が一般的です。不幸にも膵臓が消化されてしまって、消化酵素や血糖値をコントロールするホルモンを分泌する能力が衰えてきた場合には、消化酵素でドロドロに溶かしたご飯を与えたり、インシュリンを投与することで血糖値をコントロールすることになります。

慢性の膵炎の場合には、低脂肪・低たんぱく食に変えて、野菜を加えることで胃腸の調子を整えることで治療していきます。

水腎症の予防

膵炎は膵臓の調子が悪くなるだけで起こるわけではありません。予防には胃腸が正常に動けるように日常生活を見直すと良いでしょう。内臓脂肪がつかないように低脂肪食を心がけ、運動を行うことが大事です。お肉系のおやつ、炭水化物のおやつの多給は胃の調子を崩し、膵臓にも過度の負担を与えて腸内悪玉菌が増えがちになりますので控えることが重要です。

茹でたブロッコリー、人参やじゃがいも、または葉物野菜、お野菜チップスやオカラクッキーなどお野菜を使ったおやつがおすすめです。野菜は肉や脂肪の過剰摂取により、高まった胃酸の溶かす力や分泌量を適正に戻す力がありますので、特に嘔吐が散発的に認められるような犬には、少量ずつ煮た野菜を与えることで胃の調子を整え、膵炎の予防にもなります。

犬 野菜

膵炎のまとめ

ワンちゃんは食べることが大好きな動物です。オオカミを祖先とする犬ですのでお肉や脂肪が大好きですが、私たちと共に生き、進化してきた現代の犬の膵臓にはお肉や脂肪の食べすぎはストレスになります。犬の現代病とも言える膵炎はヘルシーな食事と適度な運動を心がけることで発症を十分に予防できますので、ワンちゃんの生活スタイルを再チェックされてみてください。


肉球 関連する記事


森 研一先生

協力:
プラーナ和漢自然医療アニマルクリニック
院長 森 研一先生
http://animalclinic-prana.com/

気軽に相談できて、いつも新しい気付きを与えられるように、そして飼い主様が大事なワンちゃんネコちゃんと楽しい日々を送ることができるように努めています。

メルマガ登録バナー
わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ