肉球 いぬねこ先生通信

朝から晩まで大忙し!動物病院の1日

いぬねこ先生通信のバナー
獣医師岩崎脩先生

こんにちは。いぬねこ先生です。
いつもコラムを読んでいただきありがとうございます。

今回は病気や健康の話からちょっと離れて、私が働いている動物病院の1日について紹介しましょう。

診察時間は朝9時30分からですが、動物病院の仕事はもう少し早くから始まっています。1時間前にはスタッフが出勤してきて、まず入院動物のケアを始めます。体重や体温、心拍数や呼吸数をはかり、元気や食欲をチェック、必要であれば血液検査や投薬などを行っていきます。その間に動物看護師さんはケージの清掃、ご飯の用意、ホテルでお預かりしている動物の散歩、と朝から大忙し。

9時前にはスタッフ全員が集合して朝のミーティングが行われます。担当獣医師が入院動物の全身状態や検査結果をひとつひとつ報告しながら全員で治療方針を検討していきます。それからその日に予定されている手術や検査、ホテルのインアウト、トリミングなど、一日の流れを把握します。9時半から午前の外来診療が開始、皆さんにおなじみの動物病院の仕事はここからです。

獣医師の1日

入院動物を把握するためにホワイトボードに貼るマグネットです。

赤:緊急 生命の危険があるため治療が最優先され注意が必要な動物
黄色:準緊急 バイタルが安定していてすぐには生命には危険がないもの
緑:非緊急 比較的軽い疾病

重症度の他に感染症の有無や担当医の頭文字も併せて貼っています。

裏では入院動物のケアが続けて行われています。外来が終わり次第それぞれが昼休みをとります。束の間の休息の時間。昼から夕方にかけては主に手術にあてられますが、時間のかかる検査や処置、リハビリテーションなどを行っていることも多いです。病院に連れてくることが難しい動物にはこの時間に可能な限り往診にも対応しています。

昼の仕事が終わって息をつく間もなく16時から午後の外来が始まります。午前と同様、入院動物の処置も同時に行われています。19時に午後の外来が終わると、またスタッフ全員で夜のミーティング。新たに入院したり手術を終えた動物の経過報告や外来で診た動物の引き継ぎなどが行われるのです。

これで一日の仕事が終わり、と思いきや・・・

私が勤務している動物病院では当番制で当直(夜勤)があります。お預かりしている動物に変化がないか深夜や早朝に見回りをしますが、重篤な子がいれば付きっきりでケアが必要なことも。夜間の電話や急患にも対応するので気が抜けない時間が続きます。そしてまた朝がやってきます。

動物病院の一日はいかがでしょうか?

慌ただしい毎日ですが、皆さんとワンちゃんネコちゃんの穏やかで豊かな生活のお手伝いが出来れば嬉しいです。


獣医師岩崎脩先生

協力:
昭島動物病院(東京都昭島市)
獣医師 岩崎 脩 先生
http://www.aaho.jp/

動物と飼い主様のより良い信頼関係の構築に貢献できるような情報を提供していきたいと思います。


■ 関連する記事 ■
マイクロチップって? 犬猫に影響はないの?
愛犬が下痢・嘔吐をした場合の対処法とは?
ペット(犬・猫)の室温は何度が適温?
現役獣医師が執筆!あなたの「気になる」をわかりやすく解説する連載記事一覧

わんにゃん写真検索
オーナー検索


ページトップ